体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

名機カメラとイラストの融合!「クラシックカメラ少女展」の愛が深い

名機カメラとイラストの融合!「クラシックカメラ少女展」の愛が深い

クラシックカメラ少女展
カメラとイラストがコラボレーションした特別展「クラシックカメラ少女展」が、2月3日から、東京千代田区にある日本カメラ博物館にて開催されている。期間は4月19日(日)まで。

本展では、カメラを詳しく解説した同名の作品集『クラシックカメラ少女』で使用されたイラストの大型パネルを展示。さらに、イラストの中の少女が持つ実際のカメラや交換レンズ、アクセサリーなども展示して、詳細な解説とともに紹介していく。

イラストには、クラシックカメラ好きの43人のイラストレーターが、それぞれ思い入れのあるフィルムカメラをテーマに、自分のイメージするカメラを手に持つ少女が描かれている。

深いクラシックカメラ愛!名機、名作を多数展示

『クラシックカメラ少女』は、当初、同人誌としてスタートした作品集。現在は一般書店でも購入できるほど好評を得ており、イラストには、それぞれのクラシックカメラから着想された、国、時代、衣装など、様々な世界観の中で、カメラと、その背景にある物語を想起させるような、少女とクラシックカメラの世界が描かれている。

「クラシックカメラ少女展」では、「ローライフレックスSL66」「コニカⅢA」をはじめとした、多くのクラシックカメラの機種を展示。日本のカメラの発展史を系統的に展示し、世界中から集まったカメラの名機、名作、珍品までもを取り扱う日本カメラ博物館だからこそ実現できる、ツボを抑えたラインナップとなっている。

入場料は通常一般300円だが、フィルムカメラを持参すると、200円で入場できるというところからも、深いカメラ愛がうかがえる。

引用元

名機カメラとイラストの融合!「クラシックカメラ少女展」の愛が深い

関連記事

「四艶少女画展」イラストシーンを牽引する四者が集結
ちょっぴりドキドキする! 少女展「君はつれない東京」開催
シリーズ最新作に先駆け スター・ウォーズ展が六本木で開催

KAI-YOU.netの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy