ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

エイプリルフールは“魚形のパイ”を楽しむのがフランス流!?ジョエル・ ロブションから魚形の苺のパイが登場!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

エイプリルフールは“魚形のパイ”を楽しむのがフランス流!?

「ラ ブティック ドゥ ジョエル・ ロブション」(恵比寿ガーデンプレイス店、六本木ヒルズ店、丸の内店)が、3月18日~4月1日の期間限定でエイプリルフールにちなんだ「ポワソン ダブリル フレーズ」を販売する。

フランスでは、エイプリルフールを「Poisson d’avril(ポワソン ダブリル)=4月の魚」という。その由来は諸説あるが、サバは4月になると簡単に釣れることから4月1日にこのサバを食べさせられた人のことを「4月の魚」と呼んだことが起源とも言われている。フランスではこの日に魚をモチーフにしたパイを食べる伝統的な慣習があり、ショコラティエやパティスリーでは魚の形のチョコレートやケーキ、パイが店頭に飾られるのだとか。

「ポワソン ダブリル フレーズ」(1944円)は、さくさくのパイに旬の苺を魚のうろこに見立てて飾った。パイ生地にアーモンドクリームとカスタードクリーム、リュバーブのコンフィチュールを合わせて、フレッシュな苺をたっぷりのせた、甘みと酸味のバランスが良い仕上がりとなっている。

今年のエイプリルフールはジョエル・ロブションの「ポワソン ダブリル フレーズ」を食べて、優雅にフランス文化を体験してみてはいかが?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP