ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

インキュバス レーベル移籍後初となる4曲入りEPを発表、3月には東京&大阪で来日公演

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 オルタナティヴ・ロック界の重鎮インキュバスが、アイランド・レコード移籍後初となる4曲入りEPを3月25日に発売する。

 数々のマルチ・プラチナ・アルバムを世に送り出してきた、ブランドン・ボイド、マイク・アインジガー、DJキルモアことクリス・キルモア、ベン・ケニー、ホゼ・パシーヤスによるロック・バンド、インキュバス。

 2年近い充電期間の間、新たな曲の構想を練りレコーディングを行ってきた彼らは、ライト・エンターテインメント・グループのジョニー・ライトのマネージメントの元、「伝統の殻を打ち破る」アルバムを2015年に発表することを目標に定める。創設メンバーのマイク・アインジガーは、米ビルボード誌に、バンドは「何の前準備もせず、今回のアルバム作りに臨んだ」と語っており、今作で展開される新しい音楽は「俺達の現在地を表わしている。今作は、このバンドの2015年の音そのものなんだ」とも話している。

 そんな彼らが、アイランド・レコードと世界独占契約を結び、同レーベルからの移籍第1弾となる4曲入りEP『トラスト・フォール (Side A)』を発表。EPは、iTunesにて2月10日にプレオーダーがスタートし、1stシングル「アブソルーション・コーリング」は現在配信中となっている。このEPは、1995年に発表したインディ・デビュー・アルバム『Fungus Amongus』から20周年を記念する作品にもなっている。

 2月19日からはオーストラリア(フェイス・ノー・モアやサウンドガーデンらと共に出演するサウンドウェイヴ・ミュージック・フェスティバルを含む)、シンガポールを巡る2週間のツアーを行い、その一環として東京、大阪でも公演を行う。

 3月10日には、EPからの先行シングル第2弾「トラスト・フォール」をリリース予定で、同曲は2014年12月14日に米ラジオ局KROQが開催した毎年恒例の第25回【オールモスト・アコースティック・クリスマス・コンサート】で初披露された。

◎リリース情報
『トラスト・フォール (Side A)』
インキュバス
2015/3/25 RELEASE
1,620円(plus tax)

◎来日公演情報
大阪 2015年3月4日 (水) 堂島リバーフォーラム
東京 2015年3月6日 (金) 豊洲PIT
東京 2015年3月7日 (土) 豊洲PIT
INFO: http://www.hipjpn.co.jp/live/incubus/

関連記事リンク(外部サイト)

インキュバス、2015年3月に東京&大阪での来日公演が決定
インキュバスのブランドン、新バンドや今後について語る
リンキン・パーク&インキュバスのWツアー、約8億円の売り上げ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP