ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

テイラー・スウィフト 遂に米ビルボード・アルバム・チャート11週目の1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 受賞はならなかったものの、グラミー賞でその存在感をみせたテイラー・スウィフトの『1989』が、11週目の首位をマークした、今週の米ビルボード・アルバム・チャート。

 11週目の首位にして、いまだ週間セールスが10万枚を突破している『1989』。アメリカだけで400万枚を突破した本作は、すでに2015年のアルバムチャートを制覇(年間首位)する可能性も高くなってきている。また、次週はグラミー賞の効果が大きく反映するため、ノミネートの多かったテイラーも、売上げを伸ばしてくることが予想される。

 しかし、主要3部門を受賞したサム・スミスの『イン・ザ・ロンリー・アワー』(4位)が、今週だけでも9万枚をマークし、テイラーとの差もわずか1万枚まで縮めてきている。今回のグラミーの顔となったことで、アルバムのセールスも急上昇し、次週さらに売上げをのばして、テイラーからNo.1の座を略奪する可能性が極めて高い。

 また、3位にランクインしている、エド・シーランの『(マルティプライ)』も、次週は10万枚を突破して、首位の座を狙ってくるだろう。グラミーでの受賞はならなかったものの、チャートではサムを追い越し、先立ってNo.1獲得なるか、こちらも注目したいところ。

 そして、アルバム賞を受賞したベックの『モーニング・フェイズ』は今週、39位まで急上昇しているが、次週はその受賞を受け、一気にTOP10入りすることが確約される。シングル(HOT100)、アルバムチャートともに、ランクインしている面々が重なるため、また、主要3部門を受賞したサム・スミスの話題でもちきりになったことで、ベックの受賞が大きく取り上げられていないが、アルバム賞での受賞はグラミー賞でもっとも威厳のあるもの。これまでのグラミー後のチャートアクションをみても、アルバム賞での受賞作品は、確実に春先までセールスを伸ばしている。ベックの本作も、これからが本番をむかえるところで、初登場の最高位3位を上回り、自身初のNo.1獲得も期待できるかもしれない。

 今週の初登場作品は4作。まず、2位には常にTOP3入りをマークし続ける、『ナウ』シリーズの53作目が10万枚を突破して初登場。本作には、現在首位を独走中の、「アップタウン・ファンク」や、グラミー・ノミニー陣からサム・スミスやエド・シーラン、メーガン・トレイナー等の人気曲が収録されている。

 続いて5位には、フィフス・ハーモニーの『リフレクション』がデビュー。アメリカ版『Xファクター』から誕生した5人組の女性ヴォーカルグループで、本作が初のアルバムにしてTOP5入りを果たす快挙を成し遂げた。

 7位には、ボブ・ディランの約3年ぶりとなる新作『シャドウズ・イン・ザ・ナイト』が登場。通算36作目となるスタジオアルバムで、最高位6位を記録した、1965年の5th『ブリンギング・イット・オール・バック・ホーム』から40周年目にして、通算21作目のTOP10入りとなった。

 ジャズ界からは、女王ダイアナ・クラールの11作目となるスタジオアルバム『ウォールフラワー』がランクイン。通算6作目、2006年の8thアルバムから4作連続のTOP10入りを果たしている。

関連記事リンク(外部サイト)

2月21日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
2月21日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
テイラー・スウィフトにギター教えた講師、弁護団から警告受ける

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP