ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ グラミー関連のアーティストから米ビルボード・シングル・チャートNo.1を死守

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 グラミー賞開催後、初となる今週の米ビルボード・シングル・チャートは、かわらずマーク・ロンソン&ブルーノ・マーズの「アップタウン・ファンク」がNo.1をマーク。

 通算6週目の首位獲得となった、「アップタウン・ファンク」。これで、ブルーノ・マーズにとって自己最長記録(6週タイ)を更新し、そして主要チャートもすべて制覇するという快挙を成し遂げた。TOP10内には、エド・シーランやテイラー・スウィフト、メーガン・トレイナーに今回のグラミーの目玉となった、サム・スミスといったグラミー関連のアーティストが揃う中で、No.1を死守したことは見事!しかし、次週はそうもいっていられなさそうだ。

 グラミーでは主要チャートの受賞はならなかったものの、ハービー・ハンコック、ジョン・メイヤーと共に見事なパフォーマンスを披露した、エド・シーランは、今週も2位をキープし、ポイントも伸ばしている。実際、グラミー賞の効果が反映するのは次週のチャートからとなるため、エド・シーランの「シンキング・アウト・ラウド」が巻き返しのNo.1獲得となる可能性は、高くなってきている。

 また、今週初のTOP10入りを果たした、リアーナ&カニエ・ウェスト、ポール・マッカートニーによるトリオソング「フォー・ファイヴ・セカンズ」が6位にランクインし、リアーナにとっては26曲目、カニエは15曲、そしてポールにとっては、29年ぶり(1986年2月8日「スパイズ・ライク・アス」以来)、通算23曲目となるTOP10入りを果たした。

 今回のグラミー賞中、最も盛り上がりをみせたパフォーマンスとして評価も高かった「フォー・ファイヴ・セカンズ」。次週はそのグラミーの効果を受け、TOP3入りも期待できそうな予兆をみせている。No.1獲得となれば、リアーナは通算14曲目(歴代4位)、ポールにとっては1983年リリースの、マイケル・ジャクソンとのコラボ曲「セイ・セイ・セイ」以来、32年ぶりの快挙となる。

 そして、TOP10入りがもう1曲。エリー・ゴールディングの 「ラヴ・ミー・ライク・ユー・ドゥ」が、先週の14位から9位にアップし、自身2曲目のTOP10入りを果たした。iTunesチャートでは、56ヶ国のチャートで首位をマークしたこの曲。現在公開中の映画『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のサントラ盤に収録されているナンバーで、UKチャートではすでにNo.1をマークしている。透明感のあるエリーのヴォーカルが、存分に活かされた美しいナンバーだ。

 さて、今週はグラミー賞後初のチャートだが、そのグラミー賞の影響が大きく反映するのは、次週から…ということで、やはり主要3部門、計4つの受賞を獲得した、サム・スミスの動向が気になるところ。8位にランクイン中の「アイム・ノット・ジ・オンリー・ワン」、そして受賞曲となった「ステイ・ウィズ・ミー」(14位)が、どこまで順位を伸ばしてくるのか、楽しみなところ。

 もちろんサムだけではなく、3位のホージアや、5位と10位にダブル・エントリー中のテイラー・スウィフト、メーガン・トレイナーあたりも、確実にポイントを伸ばしてくることが予想される。大きく変動をみせる次週のHOT100チャートは、波乱を巻き起こしそうだ。

関連記事リンク(外部サイト)

2月21日付 Billboard Hot 100 全米シングルチャート
2月21日付 The Billboard 200 全米アルバムチャート
マーク・ロンソン×ブルーノ・マーズ 最新コラボ曲MVが公開、息の合った共演っぷりは見もの

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP