ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

荻原浩の最新刊は現代人の心の葛藤をシニカルに描いた短編集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【書籍紹介】『冷蔵庫を抱きしめて』荻原浩/新潮社/1600円+税

 直子と越朗は新婚。これ以上の相手はいないというほど越朗に惚れ込んだ直子だったが、思わぬ嗜好の違いが明らかに。〈たとえばカレーライス。直子は挽き肉と刻み野菜を入れるキーマ風が好きなのだが、越朗は肉とじゃがいもがゴロゴロしているのがいいと言う〉。

 何とか自分の料理を食べてもらおうと悪戦苦闘する中、直子は摂食障害に陥ってしまう。夫婦仲の行方は……。表題作ほか、現代人の心の葛藤をシニカルに描いた短編8編。

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
長寿県の長野 昆虫を食べる習慣があるから長生きとの説も
酒井法子の息子 「僕たちは堂々としてればいい」と励ます
通称「肉のエアーズロック」 800g牛リブロースステーキ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP