ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

dipヤマジカズヒデ、豪華ゲストとの“遊び”から生まれたソロ作より1曲先行配信

DATE:
  • ガジェット通信を≫

オルタナティヴ・ロック・バンドdipのギター・ヴォーカル、ヤマジカズヒデが4thソロ・アルバム『over sleeper』を3月18日(水)にリリースする。発売に先駆け、本日2月13日より、OTOTOYでは同作収録の「small stone」の先行配信がスタートしている。

『over sleeper』は、ヤマジにとって20数年ぶりとなるソロ・アルバム。今作はdipとは異なったアコースティックな一面が押し出されるなど、ヤマジカズヒデのさらに深い世界を堪能できる作品となった。またゲスト・ミュージシャンとして、須藤俊明、本庄克巳、山本達久、石橋英子らが今作に参加していることが明らかになっている。

さらに〈UK.PROJECT〉オフィシャル・サイトではリリースを記念し、ヤマジカズヒデと音楽ライター小野島大による対談が公開中。須藤との「遊びでなんか録りませんか」というやりとりをきっかけに、楽しみながら制作された今作について語られた内容となっている。発売まで待ちきれないという方は、一足早く先行リリース楽曲を聞きながら、同対談を読んでみてほしい。(鶯巣大介)

・ヤマジカズヒデ「small stone」の先行配信はこちらから
http://ototoy.jp/_/default/p/49105

・『over sleeper』リリース記念 ヤマジカズヒデ×小野島大 対談
http://ukproject.com/column/2015/02/7429/

ヤマジカズヒデ / over sleeper
発売日 : 3月18日(水)
曲目 :

1. over sleeper
2. amphicar
3. know you want
4. small stone
5. 屋根裏の地下室
6. some velvet morning
7. pray for the sun
8. night rider
9. 宙を撃て
10. 遅い痛み
11. からみあうワイヤー
12. hypnopedia
13. intro

・over sleeperについて

須藤くんの「山に篭ってレコーディングして遊びませんか?」
と云うメールから今回のアルバム制作は始まった。
ここ何年かで作っていた曲の断片やCDR作品に入れた曲からいくつか選んで、
ヤマソロライブでいつも一緒にやってる本庄と、山本達久くんを誘って4人でスタジオに入った。
4人で思いつくままに案を出し合って録っていたら偶然そこにジムオルークと石橋英子さんが遊びに来て、
せっかくだからということでセッションに参加して貰ったり、
その場でトーキングモジュレーターを自作したりと
いつもと違うやり方のレコーディングはホントに楽しかった。
さすがにジムに入ってとは云えなかったけど…。

他には須藤くんと達久くんが2人で、
オレをイメージしてドラムとベースだけが入ったトラックを録って後から
それを聴いて何も説明されずに直感でギターをダビングするとか。

須藤くんはオレのセンスを更に深めてくれるようなアイデアを次々と出してくれて
時々無理難題を云いだしたりしたがそれも2人で笑いながら苦労して音にした。

英子さん、達久くんはオレと須藤くんが5分ほど曲の概要を説明するだけで素晴らしいプレイをしてくれた。
もうこれ、ヤマジカズヒデともう死んだ人たちじゃん!*って思った。

本庄もdip the flagの時以来やってなかったけどヤマソロライブを何度も一緒にやってきたから話は早かった。

over sleeperと云うタイトルは、友人がやってる秘密結社「日本オーバースリーパー協会」から頂いている。(秘密結社と云っても某SNSにコミュがあるだけなのだが。)
over sleeper…なんてオレにピッタリの言葉だろう、
オレの日々を表してるじゃないかと思って曲名だけではなくアルバムタイトルにした。
タイトル決めてからは眠れるアルバムにしようと方向性も定まった。

ヤマジカズヒデ

※「石橋英子 with もう死んだ人たち」というグループ名にちなんでおります

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP