ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベビー用品レンタル 「童心に返りたい」と利用の成人男性も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回寄せられたのは、ご主人(34歳)が通信会社勤務の奥様(37歳)。3歳の男の子がいます。

 * * *
 子育てではレンタルが非常に役立ちます。ベビー用品って買えば高いですし、親戚からお古をもらう場合は「ありがたいけど、古いのはちょっと……」ということも多いですからね。

 そこでレンタルの出番。チャイルドシートやベビーカーは最新のを買うよりも格段に安くレンタルできます。他にもマタニティグッズやおんぶ紐、ベビーバスなどもレンタルすることに。

 言い出しっぺの夫がレンタル会社に電話して名前をいうと、相手が「いつもご利用ありがとうございます」。ん? いつも? マニュアルでそういっただけかもしれませんが……もしかして隠し子がいたりして?

「世の中には知らなくていいこともある」と思いながらも夫に聞いてみると「隠し子なんているわけないだろ。ただ俺が個人的に借りてただけだよ」。ハ、ハァ?

 なんでも自分で遊ぶためにベビー用品を借りてたというんです。「俺って企画部にいるだろ。童心に返るのはいいアイデアを生む上で重要なことなんだ。結構、そうやってる人って多いよ」。堂々とカミングアウトしてきた夫。理解したいけど、う~ん、やっぱり知らなきゃ良かった……。

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
レンタルで時間と手間節約には「3つのパターンある」と識者
オセロ松嶋 オランダ製10.5万円&日本製5万円ベビーカー購入
原口あきまさ妻 出産控えてベビーベッドなどレンタル活用

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP