ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

SB松坂 工藤監督が取り入れたハンマー練習で27回振り下ろし

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 いよいよ球春到来である。2月1日より一斉にキャンプインしたプロ野球12球団のうち、セパ7球団が汗を流す宮崎県には、連日多くの報道陣とファンが詰めかけている。

 中でもその一挙手一投足に注目が集まるのが、ソフトバンク・松坂大輔(34)とオリックス・中島裕之(32)。パ・リーグ2強といわれる両チームだけあって、メジャー出戻り組2人の活躍が、今季の優勝争いを左右するといっても過言ではない。

 そんな2人がキャンプ早々手にしたのは、なんと「ハンマー」。

 松坂が工藤公康新監督が取り入れたタイヤをハンマーで叩く練習で27回も振り下ろしたのに対し、中島は、同僚のトニ・ブランコが打撃練習に使っている4.5kgのハンマーを持ったものの、「おも~」といった苦笑を浮かべるのみで一度も振ることはなかった。

 27対0。キャンプ序盤、より燃えていたのは松坂でした。

撮影■藤岡雅樹

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
プロ野球は選手だけでなく審判団もキャンプイン 発声練習も
SB松坂フィーバーで他投手は調整に集中 摂津正の投球蘇るか
広島キャンプの不安 カープ女子が押し寄せ選手が注意散漫に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP