ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

RADWIMPS 野田洋次郎が初主演作『トイレのピエタ』主題歌を担当

DATE:
  • ガジェット通信を≫

RADWIMPS 野田洋次郎(Vo)が初主演作映画『トイレのピエタ』 の主題歌を担当することがわかった。

主演・園田宏役に抜擢された野田洋次郎。本作では、映画初出演とは思えないほどの自然体の演技で、死を目前にした男の絶望と生への躍動を見事に表現している。ヒロイン宮田真衣役には今最も注目されている若手女優杉咲花を抜擢。さらに、脚本に感動したリリー・フランキー、RADWIMPSファンを公言する宮沢りえと大竹しのぶなど豪華顔ぶれが野田を支え、さらに人気モデルの市川紗椰などがスクリーンに彩りと厚みを加える。

手塚治虫が死の直前まで綴っていた日記にインスパイアされ書き下ろしたオリジナル脚本。その脚本を手掛け初監督となる松永大司が、切なくも純粋なラブストーリーを生みだした。

映画は6月6日(土)新宿ピカデリー他全国で公開される。野田の演技、そして主題歌にも期待しよう。

(C) 2015「トイレのピエタ」製作委員会/原案:手塚治虫

【野田洋次郎 コメント 】
「監督とは撮影の一年ほど前から、二人で色んな話をさせてもらいました。主題歌の話もそんな中で頂いたものです。撮影中に思ったこと、心が動いた瞬間、その断片をケータイや台本にメモってはいましたが、何よりも僕の中に深くこのピエタの世界、真衣、そして死が積み上がっていくのを感じました。それは抗いようもなく、日々刻々と大きくなっていったのです。
撮影の最終日に、打ち上げで一曲唄ってもらえませんかというお話をプロデューサーからされ、了解しました。せっかくならスタッフ、共演者の皆さんに感謝を伝えたい、そしてその頃には僕の中のほぼすべてを支配していたこの『トイレのピエタ』の世界をひとつ残らず形に残しておきたいと思ったのです。撮影後の数日間、それは苦しくも幸せな時間でした。宏が絵を描いたように、僕は歌を唄う。
自分だけが知る輝きと光があったとしたら、それを遺したい。死にぶつかって、真衣に出会って、そのあまりにも尊くて汚れのないものを前に、僕も宏も同じことを思ったんだと思います。この曲を遺せたことを幸せに思います」

【映画概要】
脚本・監督:松永大司 
野田洋次郎/杉咲花 リリー・フランキー
市川紗椰 古舘寛治 森下能幸 澤田陸 MEGUMI 岩松了/大竹しのぶ(友情出演)/宮沢りえ
配給:松竹メディア事業部
6月6日(土)新宿ピカデリー他全国公開

■映画「トイレのピエタ」特設サイト
http://toilet-pieta.com/

【あらすじ】
28歳。美大卒。フリーター。描いた人生と違う。
余命三カ月の宏と、女子高生真衣の。生と死がスパークする青春が始まる。
「今一緒に死んじゃおっか?」。余命3ヵ月と告げられた宏(野田洋次郎)は、出会ったばかりの女子高生・真衣(杉咲花)から、そう誘われる。バイクの後ろに彼女を乗せてスピードを上げるが、そのまま死ぬことはできなかった。画家への夢を諦めてフリーター生活を送っていた宏にとって、ただやり過ごすだけだったこの夏。それが人生最期の夏に変わってしまった時、立ちはだかるように現れた真衣。「あのさ、背の低い子とキスする時はどうするの?」。純粋な真衣に翻弄されながらも、二人は互いの素性も知らないまま、反発しながらも惹かれ合っていく。

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
RADWIMPS オフィシャルHP
ONE OK ROCKのTaka×RADWIMPSの野田洋次郎、対談をFM802/InterFMでオンエア

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP