ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジューシー・J、アッシャーのヒット曲&エイサップの新作について語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ケイティ・ペリーの「ダーク・ホース」にもフィーチャリング・アーティストとして参加しているラッパーのジューシー・J(39)が、アッシャーやNe-Yoとのヒット・シングルやエイサップ・ロッキーの新作について、米ビルボードの質問に応えてくれた。

 ビルボード:アッシャーの「アイ・ドント・マインド」とNe-Yoの「シー・ノウズ」、どちらもあなたのラップをフィーチャーしたドクター・ルーク共同プロデュースのヒット曲ですが、初めからあなたをフィーチャーすることを念頭において作られた曲だったのですか?

 ジューシー・J:そうさ。アッシャーの曲のために、ルークが俺を参加させようとしたんだけど俺はツアーの最中だったんだ。大きなスタジオに行ってやろうとしたら彼は“「Bandz A Make Her Dance」はホテルの部屋で録ったんだろ?”って言ってきたから、俺は“そう……クローゼットの中で録った”と答えた。で、ホテルに行って安い200ドルのマイクでレコーディングしたんだ。アッシャーはそれを気に入ってくれたけど、結局、後でスタジオに行って録り直したのさ。

 ビルボード:あなたはエイサップ・ロッキーの今度のアルバムでエグゼクティブ・プロデューサーを務めていますが、あなたからのインプットはどの位のものなのでしょうか?

 ジューシー・J:俺は初期の段階から関わっているんだ。エグゼクティブ・プロデューサーの担うところは、ベストな曲とビートを見つけ出すこと……全てをベストな状態にすることさ。

 ビルボード:あなたのミックステープ『Blue Dream & Lean 2』は、完成まであとどれ位かかりますか?

 ジューシー・J:ほとんど終わっているんだ。レックス・ルガー、ソニー・デジタル、マイク・ウィル・メイド・イットがプロデュースしているんだけど、俺自身もいろいろやった。ちょっと前のスリー・6・マフィアのサウンドを届けるつもりさ。

関連記事リンク(外部サイト)

マーク・ロンソン&ブルーノ・マーズ 世界中で大ヒット中!ビルボードジャパン洋楽チャートでも初の1位に
ザ・プロディジー 来日を記念して新曲「ナスティ」のリミックスEPを緊急配信
フェイス・ノー・モア 18年ぶりの新作ALを5月にリリース決定

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。