ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

イギリスのアルバム・チャートにストリーミングが加算

DATE:
  • ガジェット通信を≫

昨日(12日)、イギリスの音楽業界誌ミュージック・ウィークが、イギリスのアルバム・チャート作成にストリーミング・サービスの回数データを加えるOCCの発表を伝えた。

イギリスでレコード売り上げのチャートを作成しているのはOCC(オフィシャル・チャーツ・カンパニー)。OCCは2月23日からの1週間で新しいやり方のアルバム・チャートを作る。チャートは日曜日(3月1日)に発表される。

データはストリーミング・サービス会社のスポティファイやディーザー(Deezer)やグーグル・プレイ他から集計される。

アメリカでは既にビルボード誌がストリーミング・データを加えてアルバム・チャートを作成している。レコードの売り上げが低迷しているが、毎月お金を払ってストリーミングでアルバムを聴く有料会員が増えていて、アルバム・チャートを作成する上で、時代的には無視出来ない状況なのだろう。その点、良いか悪いかは別として、日本は全くガラパゴスである。

ちなみに下の表は、昨年(2014年)9月にビルボード誌が発表した、定額制音楽ストリーミング・サービスのベスト8だ。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP