ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

本格イタリアンを召し上がれ。「ナポリ風ピッツァ」「生パスタ」など全8種類が登場!ジョナサンが2月13日(金)からイタリアンフェアを開催。

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ジョナサンは「素材へのこだわり」をコンセプトに掲げ、これまでもフランス産フォアグラ、沖縄産あぐー豚、マッサマンカレーなど希少価値の高い食材や世界の人気メニューを厳選し、プレミアムな食体験を提供してきた。画一的な料理を提供するファミレスの中で近年、ジョナサンは本格的な味にこだわってきた。

5月からミラノ万博も控え、美食の国イタリアへの関心が高まる本年、ジョナサンでは2月13日(金)から4月15日(水)まで本場イタリアの味が楽しめる「イタリアンフェア」を開催する。

フェアでは、ピッツァとパスタをはじめ全8種の本場の味が登場する。中でもピッツァとパスタは、素材、製造工程から検討を重ね、イタリアンの専門店にも引けをとらないメニューとなっている。どの料理も小麦粉から厳選し、生地の製造工程から改革している。ピッツァに関してはゴムの木の薪を使用したジョナサン専用の窯を使用するなど味だけでなく、食感、豊かな小麦の香りなど生地自体の美味しさまで追及。

一手間二手間かけることで、これまでにはなかったもちもちの中にも、サクッととした手作りならではの生地の食感と、窯焼きの香ばしさを堪能できる。うれしいことにフェア終了後も、ナポリ風ピッツァはジョナサンの新しい定番として全店で展開していくそうだ。

今後、本格イタリアンが食べたくなったらジョナサンという新しい方程式ができそうだ。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP