ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

目指せGoogleマスター! Google検索のテクニック【上級編】

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今や日常的なネットサーフィンやビジネスツールとして、Google検索に頼りっぱなし。身近すぎる存在ゆえに、あなたはGoogleのすべてを知ったつもりになっていないだろうか?

今回は前回の【基本編】をさらにステップアップさせ、レポートやプレゼン資料作成といった場面において役立つ検索手法を【上級編】と位置づけて紹介していく。Google先生の底知れぬ力をとくとご覧あれ!

1.「ワイルドカード」検索
あるフレーズで部分的に記憶があいまいな箇所がある場合は、その部分にアスタリスク「*」を置き換えて検索すれば、なんと全文が表示される。例えば、『ドラゴンボール』の有名なセリフ「”わたしの戦闘力は*です”」を検索すると「わたしの戦闘力は530000です」と検索結果に表示される。ど忘れが多い人に重宝されそうだ。

2.「filetype:」ファイル形式検索
「:」の後に閲覧したいファイル形式と内容を指定できる検索方法。PDFファイルなら「filetype:pdf 経営計画」、ワードファイルなら「filetype:word 経営計画」というように検索を実行すると、欲しい資料に行き着くことができる。過去の文献や調査データを閲覧したい場合、サイト経由ではなく直接データにアクセスできて効率的だ。

3.「intitle:」タイトル検索
Webページのタイトルに限定して、該当キーワードを含むサイトを検索できる。サイト名やニュースタイトルは、その内容を表す場合が多いので、「intitle:最新スマホ」などと検索すれば、いち早く情報を収集できる。キーワードを複数指定したいときは、「intitle:」を「allintitle:」に変えて、キーワード間にスペースを入れて検索してみよう。

4.「cache:」キャッシュ検索
見たいページにアクセスすると「File Not Found」や「ページを表示できません」といった表示がされることがある。そんなときは、Google側がサイトを一時的にバックアップしている仕組み「キャッシュ」を利用した検索の出番だ。見たいサイトのURLの「http://」を例えば「cache:time-space.kddi.com/index.html」と、「cache:」に置き換えて検索を実行すれば、ページを閲覧することが可能になる。

実はこれらもgoogleの能力のほんの一部でしかない。まだまだ驚くべき力が備わっている。紹介した基本編と上級編を押さえておくだけでも、検索精度に格段の差が生まれるので、ビジネスに、実生活にうまく活かしてみてほしい。

TIME & SPACEの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP