体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【経験者に聞いた】女子一人旅で気を付けるべき10個のポイント

hongkong

Hiroyuki Suzuki「香港 – マカオの旅」より

こんにちは! TRiPORTライターの小林香織です。

女性の皆さん、「一人旅」を経験したことはありますか? 私はまだ経験したことがありません。私の一人旅に対するイメージは、「カッコいい」「自由」そして、「危険」。自由気ままに、様々な想いを巡らせながら新しい発見や出会いを楽しむ旅は魅力的で憧れますが、その一方で、地理がわからず不安になったり、犯罪に巻き込まれたりするリスクも高まります。

そんな私のように、一人旅への不安を抱えている女性たちも多いと思います。そこで今回は、実際に長く一人旅を続けている友人にインタビューし、女子一人旅で気を付けるべきポイントをまとめてみました。

1.緊急連絡先は必ずメモに控える

例えば、お財布や携帯を紛失してしまったとき、クレジットカードの使用を止めたり、保険会社へ連絡したりする必要がありますよね? 何かあったときのために日本と現地の緊急連絡先、加入旅行保険の連絡先は必ず紙に書いて控えておきましょう。

2.暗くなったら外出しない

海外に限ったことではありませんが、女性は性犯罪に巻き込まれるリスクが非常に高いため、暗くなってからの外出はなるべく控えたほうがいいでしょう。夜景や夜のショーを観覧するときは、現地ツアーに参加する、もしくは信頼できるタクシーを使うなど、安全第一を心掛けてください。

3.露出とブランド物の所持は控える

こちらも性犯罪やスリ等の被害に合わないために気を付けたいポイントです。ただでさえ日本人は裕福な印象を持たれているので、ブランド物のバッグは避けたほうが無難です。旅先では現地に合った程よいオシャレを楽しみましょう。

4.ホテルにクレジットカード1枚と現金を残しておく

hotel

Mayu「おひとりさま優雅旅」より

旅先にクレジットカードを持って行くことは多いと思いますが、できれば1枚は外出時に持ち歩き、もう1枚は緊急時用として、ホテルの金庫に残しておきましょう。現金も余分に持ち歩かず、金庫に置いておくほうが安心です。

5.キョロキョロしない

初めて訪れる国は目に映るすべてのものが新鮮に見え、思わずキョロキョロしてしまい、挙動不審になりがちですが、「初めてで何もわかりません」という印象を与えてしまうため、スリなどに狙われやすくなります。堂々と現地人になりきって歩きましょう。

6.財布・携帯・ガイドブックはすぐしまう

財布・携帯は時折必要となるので、バッグから出さざるを得ませんが、使い終わったらすぐに、なるべくバッグの奥にしまっておきましょう。その国に慣れていないという印象を与えないために、大っぴらなガイドブックの閲覧もなるべく避けたいもの。事前に携帯にメモをするなど、簡単に確認できるようにしておくといいかもしれません。

7.バッグに鍵を付ける

bag

Arvid Perleberg「Hiking the Westhighland Way 2013」より

バッグは基本的にチャックが閉まるものがおすすめ。そして必ず鍵を付けておきましょう。ナンバーを揃えると開くタイプの鍵であれば、そこまで開閉も面倒ではありません。鍵を付けておけば、当然他人は開けにくくなるので、盗難のリスクを下げることができます。

8.現地人の誘いや署名は断固拒否

1 2次のページ
Compathyマガジンの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。