ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中日 吉見が復活の兆し&岩瀬と福谷で2枚看板の守護神なるか

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 キャンプが始まり、今シーズンが始まったプロ野球。ケガからの復帰が望まれる選手の仕上がりは、最も気になることのひとつだろう。沖縄・北谷の中日キャンプで、谷繁元信選手兼任監督から「今いる選手の中で(一番)よかった」とその名を挙げられたのが吉見一起である。2009年と2011年に最多勝を獲得したエースも、右ひじ痛に悩まされてここ2年間はわずかに1勝止まり。だが今季は復活の兆しを見せている。

 本人も手ごたえを感じているようで、通常は故障や不調選手が行く読谷(二軍キャンプ)ではなく、一軍キャンプを昨年の球団納会で首脳陣にアピール。開幕投手にも名乗りを上げた。

 その自信を支えるのが、昨年から取り組むフォーム改造だ。昨年10月、山本昌や岩瀬仁紀が通う鳥取のトレーニング施設を訪問し、自らのフォーム改造に着手した。できるだけ体の前で球をリリースしていた投球から球持ちを抑えて鎖骨で投げるイメージを重視する投げ方に挑戦している。肘の負担が軽減したので投げ込みもできるようになり、調子が良くなったという。

 逆に中日ファンが気を揉んでいるのが「岩瀬は今年も抑えをやるのか」ということ。昨年400セーブを達成した絶対的守護神もすでに40歳。キャンプ初日は他の投手陣が次々とブルペン入りするなか、1人だけ回避した。

「昨年は左肘の故障で戦線離脱しているだけにさすがに“勤続疲労”は隠せない。代わりに守護神候補として期待されているのが2013年のドラ1の福谷浩司。当面は岩瀬との2枚看板になると見られています」(中日番記者)

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
成績不振の責任問われぬ落合GM 年俸カットの選手から不満も
プロ野球は選手だけでなく審判団もキャンプイン 発声練習も
広島オーナー ドラ1大瀬良に「FA移籍大竹寛よりいい」と喜ぶ

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP