ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

帰国中の田中将大と里田まい 愛犬もいるためマンション滞在

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 森の中に佇む「別荘」のようなそのレストランは、アンティーク家具や古材を活用した空間で心と体に優しい料理を堪能できる。

 2月6日午後2時過ぎ、店内のど真ん中のテーブルで、ランチもデザートも食べ終わって、おしゃべりに夢中になる2人の女性がいた。NYヤンキース・田中将大投手(26才)の妻、里田まい(30才)と、彼女の親友で元ココナッツ娘。の長手絢香(33才)だ。

「マー君の奥さんだ!」。変装もなく、あまりに堂々としていたためそんなヒソヒソ声もあったが、ふたりはまったく気にすることなくマシンガントーク。ようやく店を出たのは、それからさらに1時間ほどしてからだった。

 店を出て近くのスタバに立ち寄ってから長手と別れた里田。そのまま歩いて、滞在中の超高級マンションへと帰っていった。

 2012年3月に田中と結婚した里田。2014年、田中が日本人最高となる総額161億円(7年契約)で、NYヤンキースへの入団が決まると、そろってNYへ移住した。その住まいは、ティファニーなど高級ブランドが並ぶミッドタウンの5番街に建つ58階建ての超高級マンション。住民にはビル・ゲイツ(59才)、ビヨンセ(33才)、ハリソン・フォード(72才)ら超セレブが名前を連ね、その家賃は6万ドル(約720万円)ともいわれている。

「年俸にして約23億円ともいわれているマー君は、とにかく手厚い待遇を受けています。本人はもちろん彼以外の家族の日米間航空券は、ファーストクラスで年間4往復分が球団持ち。またマンションへの引っ越し費用のほか、家賃手当も年間10万ドル(約1200万円)程度ありますからね」(現地在住メジャー関係者)

 メジャー1年目のマー君は、一時故障して休んだ時期もあったが、最終成績13勝5敗と申し分なかった。そしてシーズンオフに入った昨年10月、愛犬のハルも一緒に帰国した。

「そこは都内でもトップクラスの超高級賃貸マンション。エントランスには24時間体制でバイリンガルのコンシェルジュが2名待機し、共用スペースにはホームパーティーができるキッチンラウンジ、フィットネスルームなどが備えられており、家賃は最低でも100万円以上。高い部屋は数百万円にもなります。普通に考えればホテル滞在なんでしょうが、今回は愛犬も一緒に帰国したので、特別にマンションの部屋を短期契約したんだそうですよ」(スポーツ紙記者)

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
ヤンキース田中将大の好敵手たちによる発掘秘話集が登場
里田まいへ助言「英語ができないと浮いてしまうかも」と識者
田中将大が渡米に向け身辺整理 里田まいの英語も問題なし

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。