ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“オタ女”が生んだ世界的ベストセラー! 禁断のラブロマンス『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫
『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

イケメンで有名企業のCEOでお金持ち。そんな超理想的な彼氏が、食事や服装、睡眠、生活の全てを“契約書”で縛りたがる男だったら? 累計1億部突破の大ベストセラーを原作にした、禁断のラブロマンス『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』が、2月13日(金)より公開されます。

本作は大学生のアナが、若くして巨万の富を手にする超有名企業のCEOであるグレイと出会い、恋に落ちる様子を描き出した映画。恋愛未経験のアナが、過去のある経験から女性を愛することができずに相手を完全に支配する特異な関係しか持てなくなったグレイと、複雑な恋模様を見せます。

食事や服装、睡眠に至るまですべてを支配したがるグレイを受け入れようと向き合いつつも、真に心を通わせたいと願うアナ。特異な恋愛関係を通じて、本当の愛とはなんなのかを投げかけるラブストーリーは公開前から話題に。

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』

しかもこの『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』の驚くべきポイントは、原作のもとになったのが“二次創作”だということ! 『トワイライト』シリーズのファンのロンドンの主婦が趣味で投稿したネット小説が大手出版社の目に留まり、世界的なベストセラーとなったのです。

つまり“オタ女”の妄想が小説になって映画化されたとも言えるこの映画。原作だけでは無く、監督も脚本も女性で、壁ドン、アゴクイ、強引に抱きしめられる……。観ているだけでドキドキのシーンが満載なのです。

原作からの設定に根差した、スリリングでセクシャルかつどこまでも展開が読めない映画となっています。恋を知らなかったアナが、極上の男に愛されて官能に目覚め、“女”へと成長していく様は未だかつて観たことのないラブストーリー。バレンタインシーズンの今、大人で危険な恋愛に溺れてみてはいかがでしょうか?

『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』2月13日より公開
http://fiftyshadesmovie.jp/

藤本エリの記事一覧をみる ▶

記者:

映画・アニメ・美容に興味津々な女ライター。猫と男性声優が好きです。

ウェブサイト: https://twitter.com/ZOKU_F

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。