ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラムボン、代々木公園フリーライヴに5000人集結

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今年結成20周年を迎えるクラムボンが2月11日(水・祝)、代々木公園野外ステージにて8年ぶりとなるフリーライヴを行った。

寒さが緩み、おだやかな快晴となったこの日はまさに“クラムボン日和”で、会場には5000人を超えるオーディエンスが集結。「シカゴ」や「サラウンド」などの代表曲に加え、限定アナログに収録のフジファブリック「茜色の夕日」のカヴァー、そしてライヴ当日が発売日となった最新シングル「yet」など、1時間にわたるステージを披露し、集まったオーディエンスは野外ならではのクラムボンのライヴを思い思いに楽しんでいた。

そのライヴの中盤で、ミト(B)が「3月25日に、クラムボン、9枚目のニューアルバム発売!」と叫ぶと、この日一番の大歓声が上がり、続けてアルバムタイトルが『triology』(トリオロジー)となることも発表。ライヴではそのアルバムに収録される、クラムボンの新たな一面を垣間見せる新曲「アジテーター」も披露し、会場を興奮の渦に巻き込んだ。

そして、3月25日に発売されるニューアルバムの収録内容も本日明らかになった。2010 年にリリースされた『2010』以来、実に5年ぶり、9枚目となるオリジナルアルバム『triology』は、全12曲を収録。新規に書き下ろされた充実の楽曲群に加え、先行シングル「yet」のアルバムバージョン、シングルとして発売された「Rough & Laugh」(TVアニメ「しろくまカフェ」OP)、「はなさくいろは」(TVアニメ「花咲くいろは」ED)、311後に届けられ、今やライヴでも定番となった「ある鼓動」等が収録される。これらシングル楽曲は、全てアルバムバージョンとして新規録り下ろしとなる。

なお、アルバムは初回限定盤と通常盤の2種類を発売。初回盤には、昨日の「“クラムボン 祝!結成20周年スペシャルフリーライブat 代々木公園”」の模様を収録したDVDが同梱される。また、新たなクラムボンの世界がニューアルバムでどのように展開されているのか楽しみだ。

photo by yoshiharu ota

アルバム『triology』
2015年3月25日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1035~6/¥3,800+税
【通常盤】(CDのみ)
COCP-39059/¥3,000+税
【Blu-ray audio】
COXP-1127/¥3,800+税
【LP】
COJA-9292/¥3,800+税
<収録曲>
01 Lightly!
02アジテーター
03 the 大丈夫
04 Rough & Laugh
05 agua
06 noir
07 Scene 3
08はなさくいろは —bon bori ver.—
09バタフライ
10 yet —triology ver.—
11 Re-ある鼓動
12 Lightly…
<DVD収録内容>
disc2 DVD 2015.02.11 “クラムボン 祝!結成20周年スペシャルフリーライブat 代々木公園”

シングル「yet」
発売中
COCA-16978/¥1000+税
<収録曲>
1. yet
2. サラウンド-出戻Re-mix-
3. yet-instrumental

【限定 7inchアナログ】
HRS0007/¥1,500+税
※全国のHMV店舗/HMV ONLINEおよび、一部レコード取扱店にて販売
<収録曲>
Side A:yet
Side B:茜色の夕日(フジファブリック カヴァー)

『クラムボン イオンモールツアー』
3月01日(日)イオンモールナゴヤドーム前 1F セントラルコート
14:00~
3月08日(日)イオンモール盛岡南 1F センターコート
14:00~
3月15日(日)イオンモール香椎浜 1Fセントラルコート
14:00~
3月21日(土)イオンモール姫路リバーシティー 1F タワーガーデン
14:00~
3月22日(日)イオンレイクタウン mori 木の広場
14:00~

※ニューシングル「yet」(CD:COCA-16978)購入者を対象としたサイン会実施。
イベント参加方法等詳細については、クラムボン結成20周年Year特設サイト:
http://columbia.jp/clammbon20th/ へ

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
クラムボン オフィシャルHP
クラムボンがイオンモールツアーの開催を発表

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP