ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

QTNet、格安スマホサービス「BBIQ スマホ SIM d」を3月2日に開始、BBIQユーザーは最大18,000円割り引くキャンペーンも実施

DATE:
  • ガジェット通信を≫

九州通信ネットワーク QTNet がスマートフォンと SIM カードをセットで販売する新サービス「BBIQ スマホ SIM d」を発表しました。提供開始日は 3 月 2 日で、既に BBIQ に加入している方が申し込むと最大 18,000 円を割り引く「スタートキャンペーン」も期間限定で実施されます(4 月 30 日まで)。「BBIQ スマホ SIM d」は、NTT ドコモの FOMA / Xi ネットワークを利用した MVNO サービスの SIM カードと、スマートフォン・タブレットをセットで販売するいわゆる「格安スマホ(タブレット)」サービスです。SIM カードのプランは、データ通信のみ(月額 900 円)、データ通信 + SMS(月額 1,040 円)、データ通信 + SMS + 音声通話(月額 1,600 円※ 12 カ月契約)で、音声通話プランを選択した場合は電話番号をそのままに他社から乗り換えられる MNP にも対応しています。販売されるスマートフォン・タブレットは、Huawei の Ascend G620S(21,800 円)、Ascedn Mate7(45,800 円)、MediaPad M1(27,800 円)、MediaPad X1(37,800 円)、ASUS の Zenfone 5(29,800 円)、Lenovo の Yoga Tablet 2 with Windows(49,800 円)の計 6 機種。SIM カードはこの 6 機種以外の端末でも利用できます(通信規格が合えば)。ちなみに、Ascend Mate7 は 2GB RAM / 16GB ROM モデルです。このほか、オプションとして「スマホ安心サービス」、「端末補償サービス」も提供されます。Source : QTNet


(juggly.cn)記事関連リンク
Google、Androidマスコット300体でアンドロイド合唱団を結成、表参道ヒルズでコンサートを開催
Sony、ランナー向けウェアラブルデバイス「Smart B-trainer(SSE-BTR1」を3月7日に国内発売
Xperia E4は台湾Arima製、今後は64bitオクタコア「MT6752」を採用したミッドレンジクラスのLTEモデルが投入されるらしい

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP