ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「IBM社員からアイドル」に異色の転身 収入激減しても「意識高い系だけが正解じゃない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「IBM辞めてアイドルになったけど質問ある?」。1月下旬、2ちゃんねるにこんなスレッドが立てられ、ネット上で話題を呼んでいる。

スレ主はアイドルグループ、クエス?チョン(旧パズルガールズ)のメンバー、濱ヶ崎美季さん(26)。当初は名前を明かしていなかったが、スレ内で指摘されると自ら認めた。新卒で入った日本IBMに3年間勤務した後、アイドルとして「歌って踊ってビラを配るまで」に至る経緯が語られている。
「死んだ魚の目」をしながらコードを書く日々

濱ヶ崎さんは立命館大国際関係学部出身で、就職活動ではSI業界を志望。NTTデータやアクセンチュアなどを受験していた。プログラミング経験はなかったが、TOEIC980点を武器にIBMに内定した。

「もの作りをしたい」という動機で入社したが、「その三年後、死んだ魚の目をしながら必死にコードを書いているんだがな」と、現実はかなりきつかったようだ。プロジェクトに入っても、コードが書けないので「完全にお荷物状態」だったという。それでも必死に勉強し、連日連夜の残業をこなしていた。

「設計、実装、テスト、リリース」のサイクルを半年ほど繰り返していたころ、ふと「私は誰を幸せにするために、これを作ってるんだっけ?」という疑問が湧いてきた。その後、プロジェクトを移って余裕ができたが、

「根本的なところで仕事にモチベーションがないと、 この先長い職業人生を生き抜けない気がした」

そして、転職活動を開始することに。しかし中々決まらず、面接官には「コード書いてる姿が想像できない」とまで言われてしまった。そうした中、アイドルオーディションの告知が目についたのだ。
「世間が良いとしているものが、自分の幸せとイコールではない」

当時濱ヶ崎さんがハマっていたのが「リアル脱出ゲーム」という、参加者参加型の謎解きイベント。それを企画しているSCRAPという会社が、アイドルグループ、パズルガールズのメンバーを募集していた。

しかも、ただのアイドルではなく、自らイベントを企画することもできる。濱ヶ崎さんはすかさず応募し、見事合格。2013年に加入した当初は会社員と二足のわらじ状態だったが、やがてアイドルとしての活動が増えていき、2014年3月をもってIBMを退職した。

収入は当然IBM時代から大幅ダウン。現在は貯金を切り崩しながらバイトをし、家もグループのメンバーとシェアをしている。しかしそれでも、「TOKYO IDOL FESTIVAL」への出演や、「日経ソフトウエア」での連載など、普通の社会人では得難い経験ができたことに満足しているようだ。

「世間が良いとしているものが、自分の幸せとイコールではないって分かってからは大分生きるのが楽になりました。意識高い系だけが正解じゃない。お金にはなりやすいかもしれないけど」

IBMに戻りたいとは「一回も思ったことない」

そんな濱ヶ崎さんは、2月24日のライブを持ってグループを卒業する。今後は、「エンジニアアイドルとしての発信力を高められる企業」で働くとともに、イベントやオリジナル番組の制作をしていくとしている。また会社勤めになるようだが、IBMに戻りたいとは「一回も思ったことない」ということだ。

キャリアバリバリのIBM社員から一転してアイドルに。華麗な転身はネットで反響を呼び、「こんな人生もあるのか。努力して可能性を広げる好例」「なんか感動的だな」といった声が出ていた。

あわせて読みたい:2016卒就活生、「リスク分散型就活」が主流に?
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP