ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

女性誌発のLINEスタンプ発売開始 お金持ちになりたい人向け

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 構想1年、制作期間約半年かけてようやく生み出した女性セブンのLINEオリジナルスタンプが2月12日に発売開始になった。どんなスタンプになったのか…。

 2月某日。ついに、LINEからの申請が下りたと連絡が。待ちに待った、女性セブンオリジナルスタンプが世に出る日がついに来たのだ!

 その一報を聞いた女性セブンスタンプ班(JSSH)の主力メンバー記者Kは、思わず涙した。

「つ、ついにこの日が…」

 隣でハンカチを渡す、JSSHメンバーのセブ姉。オリジナルキャラクターの“がまぐっちゃん”は、がまぐち界に住む妖精で、パート主婦という設定。節約主婦を志し、少しでも安く生活費を抑えるべく、あちこち奔走するも、中身は家族思いの優しいお母さんキャラなのだ。

 丸い形、金運がアップしそうな黄色、そしてゆる〜く下手ウマな雰囲気。人気のあるキャラクターを参考にして、徹底的なマーケティング調査(←大げさ)のもと、生み出したデザインなので、手前味噌かもしれないが、主婦の役に立つハズだ!

 コンセプトは、「使えば使うほど節約意識が高まり、お金がたまりやすくなる体質になれる」こと。つまりはお金持ちになりたい人向きのスタンプなのだ。

 最初は40代以上の主婦向けに作っていたのだが、“えー”とか“いいもんみっけ”などブラックな面を出したほうが、より女性セブンっぽい(←どういうイメージだ)という上層部からの指令もあり、スタッフ総出で、“あったら便利”なメッセージを選出。何度も何度も会議を重ね、全40個のスタンプは完成した。

 メッセージ内容は、“それ本当に必要?”“億万長者になりたい”“100均なう”など実用性と汎用性があり、なおかつユーモアセンスにも長けている。節約志向の高い人にも共感してもらえるハズなのだ!

「でも、バーゲン行ったり、無駄遣いもするよ。この人」

 というセブ姉のつっこみは、聞き流し、さっそく売り出すための作戦会議に。効果的な宣伝方法はまず、女性セブンで紹介することだ。

「それだけじゃ足りないよ。セブンの読者層だけでなく、若い人たちにも使ってもらわなきゃ。そのためにはツイッターやフェイスブックで宣伝せねば」

 と、ガチで宣伝する気のセブ姉。JSSHのメンバーは、ツイッターアカウントを全員持っているので、そこで積極的に“がまぐっちゃん”を宣伝していくことに。

「あとは有名人が使ってくれたらいいね。きゃりーぱみゅぱみゅとかお願いできないかな」
「SUPER JUNIORのドンヘが使ってくれないかな~」
「それセブ姉の個人的な希望でしょ。でも、影響力ある人が使ってくれて、ツイートしてくれたらいいですね~」

 夢は広がる一方だ。そして、売れたらどうするか?

「みんなで海外旅行でしょ!」

 捕らぬ狸の皮算用。粛々と口込み宣伝活動に励むJSSHだった。

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
25000以上あるLINEクリエイターズスタンプ まだヒット可能
セブンプレミアム「金の食パン」 250円でも1500万個販売
LINEスタンプ1か月売上3億円突破 1日6万DLされている計算

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。