ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia E4は台湾Arima製、今後は64bitオクタコア「MT6752」を採用したミッドレンジクラスのLTEモデルが投入されるらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

▲ Xperia E4

先日、MediaTek 製プロセッサを搭載した「Xperia E4」を発表した Sony Mobile ですが、台湾メディア DigiTimes の報道によると、今後は 64bit オクタコアプロセッサ「MT6752」を搭載した “ミッドレンジ” モデルが発売されるそうです。Xperia E4 には 32bit のみ対応した少し古い MT6582 1.3GHz Cortex-A7 クアッドコアプロセッサが採用されていますが、MT6752は昨年下旬にリリースされたばかりの最新プロセッサで、Cortex-A53 コアを内蔵しています。CPU と GPU が新しくなっているのでミッドレンジクラスといえども性能は日常使用では十分過ぎると思います。同サイトは、Xperia E4 が台湾企業 Arima で開発された ODM 品であることや、今後、Foxconn と Compal といった他の台湾企業から MT68752 を採用して LTE に対応した機種が Sony Mobile ブランドの下で発売されることも伝えています。もしかして、「E2003 / E2033」とか?Source : DigiTimes


(juggly.cn)記事関連リンク
Sony、ランナー向けウェアラブルデバイス「Smart B-trainer(SSE-BTR1」を3月7日に国内発売
So-net、「Nexus 9 LTEモデル」と「So-net モバイル LTE」をセットで月額 2,980 円で提供する新プラン「ハイスピード M2」を販売開始
ワイモバイル、LTE/AXGPに対応した4.5インチ小型Androidスマートフォン「LG Spray 402LG」を発表(更新:2月19日に発売)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP