ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

1LDKよりも2DKが安い? ダイニングキッチン付物件の良い点・注意点

DATE:
  • ガジェット通信を≫

最近の賃貸物件では、リビングとダイニングキッチンが一つになっている「LDKタイプ」のものが人気のようだが、比較的築年数の古い物件でよく目にする「DKタイプ」にもいろんなメリットがあるそう。

4.5畳以上の広さがないと「DK」と表記はできない。しかし、キッチン設備を含めた広さの表記になっていることもあるので要注意

食卓スペースとキッチンを、併設しているのがダイニングキッチン(DK)。「広さが中途半端で使い勝手が悪そう……」というイメージを持つ人もいるかもしれないが、メリットも多くある。CHINTAIメディアグループの佐野夕祈さんに、DKタイプの良い点と注意点を聞いてみた。賃料設定が、お得な物件が多い!

「DKタイプは、築年数が古い物件が比較的多いので、LDKタイプの物件に比べて、賃料設定が低く設定されているケースが多いです。物件にもよりますが、最寄駅や徒歩分数などの条件が同じでも1LDK(1部屋+LDK)よりも2DK(2部屋+DK)のほうが、賃料設定が低いこともあるんですよ」と佐野さん。これなら部屋数も欲しいけれども、賃料や初期費用を抑えたい人にピッタリ。部屋数が多いので、生活時間帯にズレのあるカップルや、専有面積よりも部屋数を優先したいといったファミリー世帯にもオススメできる。

ほかにも「キッチンが独立しているので、来客時も人目を気にせず調理ができる」「調理に伴う煙やにおいなどが、寝室やリビングに影響しにくい」などのメリットも。また、「DKタイプでは、キッチンの換気扇以外にも小窓がある物件は日常的に部屋全体の換気ができるのでオススメですよ」と佐野さん。DK物件の注意ポイント

DKの定義についてだが、部屋数が1部屋の場合は「4.5畳以上8畳未満」、2部屋以上の場合は「6畳以上10畳未満」と広告表示においては定寝られている。なので、キッチン設備も含めた4.5畳の場合だと、冷蔵庫や食器棚を置くと、テーブルを置くスペースが限られてしまう。6畳以上でも、テレビやソファーを同時に置くのは難しい。さらに、エアコンがリビングに1基だけというケースもあり、冷暖房には工夫が必要となる。また、調理中にはリビングの様子が分かりづらく、場合によっては生活動線が複雑になることも。食事をどこで取ることが多いかなど自分の生活スタイルを事前に想定してみると良さそうだ。まとめると……

・LDKタイプより比較的リーズナブルな物件が多い
・広さよりも部屋数を優先したい方にもオススメ
・キッチンが独立しているので、調理中の煙やにおいなどが寝室やリビングに影響しにくい

DKタイプ最大の魅力はやっぱり「手軽な賃料」と「部屋数の多さ」。独立した空間で人目を気にせず料理を作りたい人や経済的に暮らしたい単身者・若年カップル、個室が必要なファミリー世帯にオススメだ。

「なんとなく古そうだから…」とDKタイプを敬遠していた人なら、一度検討してみるのもいいかもしれない。

(たままい。+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP