ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

一人暮らしやアウトドアに!小さく持ち運べる“家具になる本”がスゴイ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

都会に暮らす人にとって、いかに限られたスペースを有効活用するかは、大きな課題。

その解決策の1つとなりそうな驚きの家具が、住居事情の厳しさで知られる香港から誕生した。

・本を開けば家具ができる!?

この「BOOKNITURE」は、本(BOOK)と家具(FURNITURE)を1つにした造語で、一見すると、アート本かスケッチブック?と思わせるシンプルな本。

だが、バンドを外して開いてみると、扇のようにくるりと円形に早変わり!そのまま端と端を合わせ、上に丸い板を載せれば、円柱形の家具ができあがりというわけだ。

用途としては、スツール、フットスツールとして使えるのはもちろん、サイドテーブル、立ち仕事用の台などにもぴったり。

・丈夫で軽く、アウトドアでも活躍!

中は強度の高いハニカム構造になっており、耐重量はなんと170kg。さらに、主な素材はクラフトペーパーなので、1.6kgと軽量なうえリサイクルも可能だ。

これなら持ち運びも簡単で、来客時の椅子としてはもちろん、お花見やピクニックなどでも活躍してくれそう。

サイズは180mm x 330mm x 40mmで、カラーは、フィールドブラウン、レザーブラックの2種類。

・Kickstarterで出資受付中

「BOOKNITURE」は、3月18日までクラウドファンディングのKickstarterにて出資者を募集しており、すでに目標額を上回る7万1000ドル(約850万円)ほどの調達に成功している。

現在60ドル(約7200円)でフィールドブラウンの製品1つが贈呈されるプランが最もリーズナブルになっており、発送は5月スタート予定。

シンプルでおしゃれなデザインは、どんなインテリアにもマッチしそう。お部屋のスペース活用で悩んでいる人は、ぜひチェックしてみて。

Kickstarter
https://www.kickstarter.com/projects/1985945130/bookniture-furniture-hidden-in-a-book

家具(まとめ)
省スペース(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP