ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

川畑 要(CHEMISTRY)、全国ツアーファイナルに敬愛する“大先輩”鈴木雅之が登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

自身のキャリア初となるカバーアルバム「ON THE WAY HOME」が昨年12月10日に発売された川畑 要(CHEMISTRY)。そのカバーアルバムを携え7都市8公演を廻った全国ツアーが、2月11日に東京グローブ座にて最終公演を迎えた。

アルバム収録曲から、有線リクエストランキング3位にランクインした「やさしさであふれるように -with Little Glee Monster-」(JUJUカバー)、「ORION」(中島美嘉カバー)の2曲をはじめ、時代を彩った女性シンガーによる名曲の数々、そしてこれまで川畑が発表してきたオリジナル楽曲、全19曲がパフォーマンスされた。

本編の後半ではスペシャルゲストとして、昨年5月に川畑の熱いラブコールでコラボレーションが実現し、川畑が“大先輩”と敬愛する鈴木雅之が登場。「まさかこのお方が、来てくれるとは」という川畑の呼びかけで「ファイナルおめでとう、今日は(川畑)要のために来ました」という言葉とともに登場した鈴木に、会場の熱気はクライマックスを迎えた。

今年デビュー35周年を迎えたという鈴木は、のっけからシャネルズのデビュー曲「ランナウェイ」、ラッツ&スターのデビュー曲「め組のひと」、ソロデビュー曲「ガラス越しに消えた夏」をアカペラで一節ずつ披露するなどの大サービスで会場を沸かせた。

2人は、昨年5月にコラボレーションした前出の楽曲「Half Moon feat. 鈴木雅之」、さらにCHEMISTRYの代表曲のひとつである「You Go Your Way」の2曲をデュエットで披露。「You Go Your Way」は、昨年9月に発表された鈴木のカバーアルバム「DISCOVER JAPAN II」でカバーされ、川畑が客演した楽曲。ライブでのパフォーマンスは今回が初披露となった。

鈴木は、「ソウルを歌ってきた35年の中で、日本語の歌を丁寧に届ける、僕の大好きなヴォーカリスト(川畑)要と出会うことができた」と語り、場内は温かいムードに包まれた。

撮影:今元秀明、荒川 潤

セットリスト
KANAME KAWABATA LIVE TOUR 2015 -ON THE WAY HOME-
(会場:東京グローブ座)
M1 やさしさで溢れるように(JUJUカバー)
M2 I ‘m proud(華原朋美カバー)
M3 Dear…again(広瀬香美カバー)
M4 ORION(中島美嘉カバー)
M5 糸(中島みゆきカバー)
M6 やさしいキスをして(DREAMS COME TRUEカバー)
M7 メロディー(玉置浩二カバー)
M8 HOME(アンジェラ・アキ カバー)
M9 Half Moon
M10 You Go Your Way(CHEMISTRY)
M11 かたちあるもの(柴咲コウ カバー)
M12 S.B.M.S
M13 Flavor of Life(宇多田ヒカルカバー)
M14 リフレインが叫んでる(松任谷由実カバー)
M15 HERO

―ENCORE―
M16 Sweet Pain
M17 So in Vain(CHEMISTRY)
M18 三日月(絢香カバー)
M19 HOME

関連リンク

川畑 要 オフィシャルサイト:http://kanamekawabata.net
川畑 要 オフィシャルTwitter:http://twitter.com/KanameKawabata

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP