ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界で11ヶ所目となる「レッドブル・スタジオ 東京」が青山にオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年2月、レッドブルが世界中で運営するレコーディング・スタジオ「Red Bull Studios Tokyo」(レッドブル・スタジオ 東京)が東京・青山にオープンする。

レッドブル・スタジオとは「レッドブル 翼をさずける」のブランド・スローガンを基軸に、アーティストやクリエイターをサポートし、レッドブルと共に革新的な音楽コンテンツを世界に発信するプラットフォーム。音楽に情熱を持ったアーティストやレッドブルとパートナー関係にあるアーティストが無償で使用できる、音楽好きにとって特別な空間。過去にはファレル・ウィリアムスやスクリレックス、日本からAOEQ(藤原ヒロシと真心ブラザーズの YO-KING)などもレッドブル・スタジオでレコーディングを行った。

レッドブル・スタジオは、ニューヨーク、ロンドン、コペンハーゲン、パリなど世界中にネットワークを広げてきた。今回、新たに東京が仲間入りすることで世界で11ヶ所目のレッドブル・スタジオとなる。東京のスタジオにはプロ仕様のレコーディング機材はもちろんのこと、建物内部のデザインは世界的に著名な建築家である隈研吾氏が手掛けている。

また、2月27日〜3月1日の3日間、Red Bull Studios Tokyoのオープニングを記念し、様々なイベントがスタジオ内外で開催される。

「レッドブル・スタジオ 東京」オープニングパーティ詳細
http://redbull.jp/StudioOpen

スタジオ情報

レッドブル・スタジオ 東京
住所:〒150-0002 東京都渋谷区渋谷 1-3-3
地図:https://goo.gl/maps/kJlPq
http://www.redbullstudios.com
*日本語ウェブサイトは 2月下旬に開設予定。
*レッドブル・スタジオはレッドブルとパートナー関係にあるアーティストに無償貸し出ししています。一般の方はイベントやワークショップなどの際にスタジオをご覧頂けます。

関連リンク

Red Bull Studios Networkhttp://www.redbullstudios.com

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP