ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

魔物がいる! チョコの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に潜入

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 連日大盛況を呈した東京の「サロン・デュ・ショコラ日本」。現在も京都や大阪、福岡、札幌(~2月14日)、仙台(~2月15日)で開かれているこのイベントに集う女性たちが費やすチョコレートのお金は、3万円、5万円もざらというから驚くばかり。

 そこには、バレンタインデーの催事場にそこはかと漂う「人のため」「仕方なく」といった憂いはゼロ。私たちを幸せにする祭典の熱狂と興奮の甘~い現場に『悶々ホルモン』などの著書で知られるライターの佐藤和歌子さんが潜入した──。佐藤さんは一般オープンの初日と、前日に行われた内覧会の両方に行っている。

 * * *
 サロン・デュ・ショコラは、パリで生まれた世界最大級のチョコレートの祭典、本場では毎年秋に開催されているそうだから、そもそもバレンタインデーとは関係ないようだ。それが日本の上陸し、今年で13回目を数え、今やデパートの食関連の催事で日本一の売り上げを誇るとまでいわれている。今年は、会場を新宿NSビルのイベントホールに移して開催された。

 一般オープン初日、昨日と同じ9時過ぎに到着すると、既にざっと300人の行列。内覧会では40~60代の女性が中心だったが、今日は男性もちらほら、年齢層もばらばら。革製のカバーをかけた文庫本を読み耽る人もいれば、ニンテンドー3DSで妖怪ウォッチのゲームをする人もいる。内覧会はかなりマニアックな雰囲気だったけれども、初日の客層は思ったより幅広い。

「ちょっと見たことない光景になってるんですけど。サロン・デュ・ショコラ? みんなそうなの?」

 通りがかりのサラリーマンが電話で確かめるのも無理はない。新宿NSビルといえば都庁の真横にそびえる高層オフィスビルの1つ、その1階ロビーに張り巡らされたパーテーションが続々と人で埋まっていく。主催側の予想を上回る勢いだったのか、9時40分を過ぎた頃、スタッフが高らかに宣言した。

「本日は予定を早めて、9時50分に開場します!」

 内覧会ですぐに完売した約3000円の板チョコを求めて、迷わず行列に加わること20分。ようやくショーケースが見えた、その時。

「2万4×××円になります」

 にまんよんせんえん? 8枚も買うのか。注意深く見守っていると他のお客さんも4枚5枚は当たり前、1枚だけ買う人は一人もいない。この人たちは、今日一日でいったいいくら使うつもりなの。普段は日本じゃ買えないらしいし、私もたくさん買っておくべきなのか?

「お待たせ致しました。いかがなさいますか」
「に、いや、さ、3枚…」

 私の中で何かが壊れた。そして「板チョコ」が「タブレット」に変換された。その後は、昨日H夫人が買っていたフランク・ケストナーのタブレットとマショマロを(計5000円)、ユーゴ&ヴィクトールの日本SDC限定品を(4536円)、パティシエ エス コヤマで新作の詰め合わせとタブレットを(計5000円)。

 香ばしいにおいを漂わせていたアンリ・ルルーのクイニーアマンを朝食用に(4個1300円)、冷たいものが飲みたくなってパティスリー・サダハル・アオキ・パリのショコラ・スムージーを(451円)。完全に予算オーバーなのに、何かに取り憑かれたようにライスパフ(要するに米)が入った3888円のタブレットを求めて並んでいる最中、「売り切れました」と言われた瞬間、正直「助かった」と思った。ここには魔物がいる!

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
SUPERJUNIOR派生ユニットK.R.Y.単独ライブチケット3秒で完売
バレンタインデーの起源や歴史、「チョコ渡し」などを探る本
スザンヌお勧めの新食感夏スイーツ 12個3780円の冷やし柿

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP