ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

風水師解説 グリーンジャンボは「共同購入&バラ買い」狙え

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月20日に迫った『グリーンジャンボ宝くじ』の発売日(発売期間は3月13日まで)。1等4億円・前後賞各1億円の合わせて6億円という当せん金額は、昨年の5億円を超えグリーンジャンボ史上最高額だ。

 今年最初のジャンボで幸運のスタートダッシュを決めるため、風水師・伊藤夢海さんが攻略法を伝授してくれた。

「古代中国から伝わる『九星気学』によると、2015年は『三碧木星』に当たります。この星回りは、もともと金運や勝負運が高く、宝くじの高額当せんを狙うにはもってこいの年なんです。さらに『三碧木星』には、“春”“朝”“これから”といった、ものごとのはじまりを表すキーワードが当てはまります。そのため、今年最初のジャンボであるグリーンジャンボには、特に期待が持てるんですよ」(以下、「」内伊藤さん)

「ものごとのはじまり」がキーワードということは、発売初日に買ったほうがいいということだろうか。とはいえ、20日は平日ということもあり、前日や早朝から並ぶのが難しい人も多いはず。

「そんな人は、無理せず別の日の午前中、それも晴れて太陽が出ている日に買いに行きましょう。それに、徹夜で並んだりしたら、せっかくためた運気を夜の闇に吸い取られてしまうこともあるんですよ」

 宝くじの買い方にも、今年ならではの方法がある。

「今年の干支である羊は、群れをなして行動する動物ですから、例えば知り合いと一緒に買いに行ったり、あまり予算がないというのであれば、お金を出し合って“共同購入”するのもおすすめですね」

“当たってるかな?”というワクワクを誰かと共有しながら抽せん日を待てば、それだけで羊の運気が高まっていく。

 そして、今回のグリーンジャンボはずばり“バラ買い”がおすすめだという。

「連番で購入して、1等・前後賞を一度に当てて一攫千金を目指したいところですが、このグリーンジャンボは、今年の宝くじ運の“入り口”ともいえるんです。バラ買いで少額でもいいので、まず当せんを果たして、それを自分ではなく、家族や友人のために使う。そうすると、金運が集まってきて、このあと控えるドリームジャンボやサマージャンボで、さらなる高額当せんが狙えるんです」

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年末ジャンボより当選確率UP グリーンジャンボのラッキー数字
宝くじ 火事の夢を何度も見た後に2500万円があたった人物
サマージャンボ 過去10年のデータからラッキーナンバー紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。