ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

次男離婚の徳光和夫 「親バカ」報道にラジオで猛反論の嘘

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2月7日、レギュラーMCを務めるラジオ番組『とくモリ!歌謡サタデー』(ニッポン放送)に出演した徳光和夫(73才)は、女性セブン2015年2月19日号でスクープした次男の正行(43才)と実鈴(32才)夫婦の離婚に関する記事について、毅然と反論した。

「見出しがすごいですよねぇ。夫をバカ息子にしたのは親のせいだっていうんですから…。そんなことないのになぁ」

 記事の主旨は、徳光が次男を甘やかし続け、欲しがるものはなんでも買ってやるという“親バカぶり”に実鈴は長年にわたって辟易としており、この“嫁舅問題”が離婚の原因になった、というもの。

 徳光はこの記事がよほどお気に召さなかったのか、ラジオではヒートアップし、こんな話まで始めてしまった。

「実はこれ、ぼくも取材も受けたんだけど、取材で答えたことは一言も書かれてないんです。自宅前で直撃されて“40男と30女が4年暮らしてだめになったんだから、縁がなかったっていうこと。親が口出しすることじゃないと思います”って、ぼくはちゃんと答えたんですけど…」

 徳光のこの発言に、女性セブン編集部はビックリ仰天! だって、徳光本人は一度も本誌の取材に答えてくれてない…というか会えてもいないのだから…。

 次男夫婦の離婚情報をいち早くつかんだ女性セブンが、徳光の自宅を訪れたのは、1月31日。徳光の妻が出てきて、息子から離婚の報告を受けたこと、息子を甘やかしたつもりはないことなど、現在の心境を率直に話してくれた。

 女性セブン2015年2月19日号では触れていないが、徳光本人の言葉が聞きたいと、翌2月1日、改めて自宅を訪れた際には、再び妻が対応し、「何度も来ないでください! 主人は、“なにも答えることはない”と言っています!」と伝えられている。徳光は一体、いつ誰から直撃されたのだろうか…。

 さらに、女性セブンが「正行にあげた」とした、都内の4階建ての大豪邸についても、徳光は、前出のラジオでこう話した。

「ぼくの家内が、将来的に自宅兼事務所にしたい、ということで購入したものです。次男の結婚が同時期に重なったので、たまたま住むことになっただけですよ。相場の家賃をもらっていましたし、プレゼントしたわけじゃない」

 これについて、地元の不動産関係者が首を傾げる。

「あの物件、のべ床面積は250平米にもなり、相場の家賃となると月70万円ほどになります。かなりの稼ぎがないと払えませんよ…」

 この数年、正行のレギュラーは地方局で週一本、実鈴も『L4YOU!プラス』(テレビ東京)での週1回のリポーター業のほか、BSと地方局でそれぞれ週1本ずつ。家賃70万円を払ってなお生活ができるとは、とても考えられないんだけど…。

※女性セブン2015年2月26日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
徳光和夫次男の離婚の真相 「嫁舅問題」を徳光妻に直撃
徳光和夫 40過ぎの次男にお年玉あげる親バカぶりに嫁呆れる
徳光和夫 41才次男に推定2億円豪邸を購入する甘やかしか

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP