ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もしも自分が高い給料に釣られて危ない会社に買われたら?映画『フォックスキャッチャー』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

これを読んでるあなたが超優秀な働き者なら「ウチ来ない?」なんてヘッドハンティング的なことがあったりすると思うんです。「給料は今のところより倍だよ~」なんて人参をぶら下げられたら即飛びついちゃいますよね。でもちょっと待って! それを決めるのは『フォックスキャッチャー』を観てからにして!

ということで、今回ご紹介する『フォックスキャッチャー』なんですが、まず念頭に入れておきたいのは、この映画は実録映画ってこと。でも観る前に調べちゃうと面白さ半減だと思うので、ググり癖のある人はストップ! 観てからのほうがいいですよ。

映画はオリンピックの金メダリストであるマーク・シュルツ(チャニング・テイタム)が、財閥の超御曹司ジョン・デュポン(スティーヴ・カレル)が率いるレスリングチーム「フォックスキャッチャー」に来ない? とお誘いを受けるところからスタート。とはいってもこの時点でマークにとってのデュポンは見ず知らずのオッサンですからね。当然怪しむわけです。でも「フォックスキャッチャー」には最新のトレーニングマシンが勢揃い。おまけにデュポンは目ん玉がぶっ飛ぶほどの年棒契約金をマークにご提示。妙に話も合ったりなんかしちゃったもんだから、マークはすっかり気を許してガッチリ握手で契約成立。……これが不幸の始まりです。

マークが契約しちゃった超金持ちのオッサン、ジョン・デュポンという人間なんですが、平たく言うと狂人だったわけです。それも、ギャーギャーわめくようなわかりやすい狂い方ではなく、音を立てずじわじわと人を侵食していく沼っぽいタイプのキチ。これはタチが悪い!現代ではそういう人を「統合失調症」だの「サイコパス」だのと簡単な言葉一つで片付けちゃう傾向がありますけど、この映画ではそういった言葉を一切使わずにじっくり「基地外」を描くわけです。なのでこの映画って、「もしも自分がキチに金で買われたら」という恐怖を描くホラーなんですよね。僕の経験上、日本にもデュポンのような人間はわんさといるので、みなさんホント気をつけましょうね!

『フォックスキャッチャー』は2月14日(土)、新宿ピカデリーほか全国公開
(C)MMXIV FAIR HILL LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

文/市川力夫

http://youtu.be/zWNHlt3mEOk

関連記事リンク(外部サイト)

関根勤が超ポジティブに生きられる理由とは?ピンチが起きた時の対処法
グラミー賞でのプリンスのスピーチが深すぎると話題 「アルバムって覚えてる?」【動画】
天龍源一郎、引退発表!天龍が「ミスタープロレス」と呼ばれる理由とは?
「いま、渋谷で一番勢いのある男」松村淳平の1日のスケジュールを大公開!
フィンランドのメタルバンドが『流れ星銀』をデス声で熱唱 「武士道メタル」と絶賛の嵐

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP