ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中国のネットの不動産情報は嘘ばかり 中国嫁日記作者が告白

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 人気エッセイマンガ『中国嫁日記』(KADOKAWA エンターブレイン)作者の井上純一氏は、2012年から拠点を中国へ移している。昨年、広東省東莞市からより香港に近い深セン市へ引っ越した。新ブログ『月(ゆえ)サンは困ってます』で会社の金銭トラブルに巻き込まれたと告白し話題を集めている井上氏に、中国での引っ越し事情などについてきいた。

 * * *
――日本で引っ越しとなると、ネットや雑誌で物件を探したり不動産屋へいったりしますが、中国ではどのようにして探すのでしょうか?

井上純一(以下、井上):ちゃんと不動産屋があって物件を紹介してもらえます。ネットでも不動産情報は出ていますが、嘘の情報ばかり。ない物件が書いてあって、それを不動産屋に問い合わせると「もっといい物件がある」とすすめられる。「見せ物件」が多すぎるんですよ。日本にもあるようですが、中国のネット不動産情報は見せ物件しかないと言ってもいいくらい。そういうと、月に「中国、そんなイイ加減なことナイ!」と怒られますが(笑)。

 最近、だんだん慣れてきて、ごくわずかにある本物の写真の見分けがつくようになりました。構図が中途半端だったり、画像がきれいじゃないものはたいてい本物の物件です。

――ネットは効率が悪いですね。実際にはどのようにして探しているのでしょうか?

井上:何十、何百と歩いて回るか、賃貸なら知り合いをたどることです。持っている家やマンションを貸したい人はたくさんいて、賃貸は借り手市場といってもよい状態ですから。とくに深センは、転売するためにマンションを買う人がとても多いので貸したい人が多いんですよ。月が「新しい部屋を借りようか」と言ったら、周りから「うちのを借りてくれないか」とずいぶん言われましたよ。

――最近、不動産デベロッパーの佳兆業集団がデフォルト危機に陥ったと報じられるなど、中国は不動産市場が大変だというニュースばかり目立ちますが、深センでは事情が別なのでしょうか?

井上:暮らしている実感としては、中国の不動産バブル崩壊は感じないですね。賃貸は少し安くなっていますが、深センの販売物件はあんまり下がっていない。香港が近いので、香港に住む人たちが投資目的に買っているという事情もあるかもしれません。以前は、暴落したときにお金があったら、中国の住まい兼、投機目的でマンションを買うのも悪くないと呑気に考えていました。それどころではなくなってしまいましたが……。

――深センの不動産事情は特別なのでしょうか?

井上:深センのインターネット回線は早いんです。北京や上海でも夢の数字と言われる100メガ回線が引かれていますから。それでも、香港と比べるととんでもなく遅いです。いま住んでいるマンションも100メガと言われていますが、夜12時ぐらいの、ネットを使う人が多そうな時間帯はとても遅くなる。金盾(※中国のネット検閲)に邪魔されているのかなと思ったら、ただ遅いだけだったということも(笑)。

――不動産を購入する人は多そうですが、居住率は低そうですね。

井上:うちの隣の部屋は、1か月に1回しか帰ってこないですね。でも常に売買も動いているので、頻繁に工事があるんです。だからマンションに住んでいると、四六時中どこかで工事をしていてうるさいですよ。日本と違って、中国ではマンションを販売するときは内装を全部とりはらったコンクリートむき出しの状態にするので、買うと必ず内装工事をします。

 でも賃貸だと、大家さんが用意した家具や電化製品までそろっている部屋もあります。食洗器が欲しいと言ったら買ってくれたり、洗濯機が古いと言ったら入れ替えてくれたりということも。知り合いを通じて貸してもらっている大家さんだと、そういう話もしやすくなります。

――これから買おう、借りようという人たちはどんなところに注意を払うのでしょうか?

井上:本当に大丈夫な物件かどうかは大変な問題で、つてがないと調べる方法はありません。自分できいてまわるしかない。不動産屋や売主が提供する情報が、本当かどうかはわかりませんからね。内覧しただけでもわからないから、人にきくしかない。そこが面白くてね。中国人は見ているものを信じないんです。だから、詐欺で一番多いのは、周りの人間にきいて信用したというパターンです。

 南京盟信というニセ銀行を1年で200人が利用し、合計2億元(約38億円)もの金を集めていた詐欺事件がありましたね。あれも、まわりの人間が「金利がいい銀行があるよ」と言うのを信用してお金を預けちゃったんですよ。

――身近な人の話は、胡散臭くても信用してしまう。皮肉な話ですね。

井上:もうひとつ、逆に信用しているものがあるんです。政府が熱心に言うことは、きっと逆のことが起きると信じているところがあります。

 昨年暮れに、深センで年間10万件までという自家用車の購入制限が始まりました。直前まで政府は「購入制限はしない」とアナウンスし、制限が始まるだろうから今のうちに車を買ったほうがいいですよ、と広告を出したディーラーが逮捕されたりしました。そこまでして否定したのに、購入制限は開始された。こういったことが続くから「政府がわざわざ否定することは現実になる」という、ややこしいリテラシーが発達するわけですよ。

――口コミや知人のつてをたよって情報を集め、無事に引っ越しとなったとき、引っ越し業者はどんな仕事ぶりでしたか?

井上:深センの引っ越しは、すごく安い。知人が引越しを頼んだとき、10畳の部屋が2つ埋まるくらいの荷物がありましたが、それをすべて運ぶのに10万円かかりませんでした。日本だったら100万円はかかる。人件費がとんでもなく安いからでしょう。引っ越し費用は安いですが、すごく雑に運ばれます。家具をクレーンで吊り上げるときもワイヤー1本だけでぶらーんと吊っていました。

 きちんと運んでもらいたい人は、高くなりますが日本など外資系の引っ越し業者に頼んでいます。普通はそういうことはしないので、たいてい何かがぶっ壊れてひどい目にあう。私の場合は、机の支柱が折れていました。なんでこんなところが折れるのか、わからないですね。もちろん補償はありませんでしたよ。

■井上純一(いのうえじゅんいち)1970年生まれ。宮崎県出身。漫画家、イラストレーター、ゲームデザイナー、株式会社銀十字社代表取締役社長。多摩美術大学中退。ひと回り以上年下の中国人妻・月(ゆえ)との日常を描いた人気ブログ『中国嫁日記』を書籍化しシリーズで累計80万部を超えるベストセラーに。2014年から広東省深セン在住。著書に『月とにほんご 中国嫁日本語学校日記』(監修・矢澤真人/KADOKAWA アスキー・メディアワークス)など。最新刊は『中国嫁日記』4巻(KADOKAWA エンターブレイン)。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
中国不動産バブル崩壊の影響はドバイ・ショックの1000倍説
中国人比率が高い都心物件 トラブル多く中国人も敬遠の傾向
中国人 ロシア人を抜きニューヨークの不動産購入トップに

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP