ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空中分解寸前の楽天を救うべく期待されている新主将・嶋基宏

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 プロ野球キャンプが始まり新シーズンの開始を告げられると、選手のコンディションと同様に気になるのが、各球団の人間関係だろう。不協和音が聞こえてきたのが、新任の大久保博元監督のもと始動した楽天である。ある球団関係者が明かす。

「一昨年の優勝から一転、昨年は最下位という極端な低迷を見せた原因は、優勝を支えた裏方スタッフがチームを去ってしまったからです。三木谷浩史オーナーのいき過ぎた現場介入に反発したからだが、その修正がされないまま、今季からオーナーが可愛がっていると評判の大久保氏が監督に就任した。

 さらにオーナーの介入が激しくなるのは容易に想像できるし、何より大久保監督には西武時代に体罰を振るって問題になった“前科”がある。現場は戦々恐々です」

 空中分解寸前のチームを救うべく、期待されているのは新主将の嶋基宏だ。

「昨季に移籍を画策したが失敗。だが結果的に、最大の注目の新人である安楽智大を育てる役になれて、彼にとっては良かったのでは」(同前)

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
新大久保の韓国学生との韓国語個人レッスン 参加費は300円
新大久保の「会いに行ける」韓流アイドル・KINOに大行列
韓国の店舗経営者 新大久保に店出すと帰国後にハクがつく

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。