ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「崖っぷちありがとう」 知られざる松岡修造の熱すぎ名言集

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 松岡修造(47才)の前向きな言葉が収録された日めくりカレンダー『まいにち、修造!』(PHP研究所)が、大ヒット中だが、修造の名言はまだまだある。ということで、松岡修造の熱すぎる言葉を紹介する。

「崖っぷちありがとう! 最高だ!」
(2011年の雑誌のインタビューで)

 大ピンチのほうが、自分本来の力を発揮できるからと、修造は意識的にピンチの場面を楽しんでいる。時には崖から落ちることもあるそうだが、「落ちたら落ちたで、その悔しさが次の崖っぷちに挑戦する力の源になる」とやはり前向き。若かりし修造は、大学まで一貫の高校に通っていたが、それを“ぬるま湯”と呼び「このままでは自分がダメになる」と地元・東京を離れ、はるか遠く福岡の高校に転校したことも。

「人がほめてくれないのなら、自分で自分を思いっきりほめればいい」
(著書『本気になればすべてが変わる』〈文藝春秋〉より)

 修造の持論は、長所をどんどん伸ばしていくうちに、短所や苦手だったことも克服できる、というもの。苦手なことに取りかかるときには、ため息をつく代わりに、自分で自分をほめて、苦手意識を追い払うのだという。ちなみに修造はあるインタビューで《叱ったりホメたりするときも、僕は超真剣です》と語っている。

「まずは修造破り!」
(オフィシャルホームページの動画より)

 今年元日に公開されたメッセージ映像のなかで、修造は袴姿で1年の目標を、「弱い自分や変わりたい自分に打ち勝って、新しい道を開こうとする“自分破り”をする人を応援する」と宣言して、さらにこの一言。修造が現役を退くときに行った会見では「これは終わりではなく新しい修造の始まり」と話していた。

※女性セブン2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
松岡修造熱血語録 分娩室の妻に「勝負だ、勝負に出ろ!」
他人をほめることで結果的に自分の人生が豊かになると説く書
松岡修造 気合と努力で長男と長女の出産予定日の移動に成功

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP