ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

繊細で美しすぎる!折り鶴を切り絵でデザインした「立体切り絵」に完全に心掴まれる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今回Japaaanが紹介する作品を初めて見たとき、目が釘ずけになってしまい仕事ほったらかしで1時間ほど作品たちに浸ってしまいました。

紹介する作品は「折り紙」と「切り絵」を組み合わせた立体切り絵という手法を用いた作品で、折り鶴にさまざまな文様を切り絵で施すというとても美しい作品です。

@u2uniuni さんが手がけた数々の立体切り絵、ぜひごらんください。

鶴の翼の部分にさまざまな文様が刻まれた作品。

レース風なデザインが施された作品。細部にいたるまでとても美しい。

ステンドグラス風に色鮮やかな折り鶴に。

1円玉ほどの小さな作品もあります。

これらの折り鶴の立体切り絵作品を制作されている@u2uniuniさんのTwitterpixivには数々の折り鶴切り絵作品がアップされ紹介されています。その作品のどれもが美しい。ちなみにこれらの立体切り絵は切った後に折っているそうで、とっても繊細な作業ですよね。

折り紙と切り絵という手法を組み合わせた作品というだけでも心をズキュンと撃たれてしまいますが、文様のチョイスや細部にいたるまで精巧に作り上げる技術にうっとりです。

折り紙、切り絵ともに日本では昔から親しまれてきた技術。伝統的な手法をミックスして新たな素晴らしいアート作品へと昇華させる作風は伝統技術云々を超えてシンプルに「美しい」

ぜひTwitterフォローして数々の作品をチェックしてみてください!
うに(@u2uniuni)さん | Twitter

関連記事リンク(外部サイト)

こ、これは衝撃!?吉高由里子の今年の年賀状のイラストが実に味わい深いものに…。
君はあの阿修羅の骨格がどのようになっているか知っているだろうか?
美麗な曲線で動物の柔らかさを表現した折り紙アートに息を飲む

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP