ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

最新!花粉症対策最新グッズ5選

DATE:
  • ガジェット通信を≫


日本気象協会の発表によると、2015年春のスギ&ヒノキ花粉の総飛散量は、東京では前年の2倍以上になる見込みとのこと。去年まで花粉症の症状があまり出なかったからといって油断していると、今年は大変なことになるかも…。

【もっと大きな画像や図表を見る】

薬や食事療法など対策はいろいろあるが、やはり手っ取り早いのは何らかの対策グッズを購入すること。そこで、両国眼科クリニックの深川和己先生のアドバイスを参考にしつつ、「最新花粉症対策グッズ」をピックアップしてみた!

■「JINS 花粉CUT パーフェクトフィットタイプ」/JINS

花粉症対策をするうえで、まず守らなければならないのは粘膜だとか。特にやっかいなのが目。花粉が目に入ると涙が花粉を溶かし、アレル物質が強く反応してしまうので、十分にガードすることが必要…。

花粉対策メガネなら、レンズと目の隙間にカバーが取り付けられている。花粉は上から降ってくるものなので、一般的なメガネでは、目に入る花粉を約50%しか防げないが、このメガネであれば99%近くをカットすることが可能だとか。顔の形に合わせてフィットするフレックスカバーを採用しているので、かけ心地もよさそう。

■「イハダ アレルスクリーン」/資生堂

特許技術を利用した花粉対策スプレー。これまで服などにかけるタイプのスプレーはあったが、顔や髪に直接かけるものが登場した! 顔や髪が透明なイオンでコーティングされ、花粉の吸着を約90%カット。1回のスプレーで約4時間効果が持続するという。

■加湿空気清浄機「ステンレス・クリーン クリエア」(EP-KVG900)/日立

自分では家やオフィスに花粉を持ち込まないようにしていても、家族や同僚が持ち込んでしまう…。そんなときは、8畳の部屋の空気をわずか7分で清浄できるこの加湿空気清浄機がオススメ。高性能なフィルターが採用されているので、ホコリはもちろん、花粉などの微細な粒子もしっかり集められるとか。

■洗濯乾燥機「ビートウォッシュ」(BW-D10XTV)/日立

最近では、「花粉コース」が用意された洗濯乾燥機があるという。「花粉コース」とは、外出時に服に付着した花粉を、洗濯機内で落とし排水と一緒に流してくれる優れもの。流行の「家事メン」は要チェック!?

■nepia「大人の鼻セレブ」/王子ネピア

グッズを使っても、花粉症の症状が出てしまうことはある…。そんなときは、「鼻セレブ」の新タイプ「大人の鼻セレブ」を試してみては。3枚重ねの高級感が、荒れる鼻まわりの肌を癒やしてくれそう。

今年の春は、最新花粉症対策グッズを悩みに合わせて取り入れるべし!
(黄 孟志)
(R25編集部)

最新!花粉症対策最新グッズ5選はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「花粉の時期は沖縄勤務」夢の制度
「秋冬の花粉症」患者が急増中…?
女性は出産で体質が変わる?
悲報? 来春の花粉状況に戦々恐々
ある日突然アレルギーになる可能性

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。