ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

鹿児島大学農学部の焼酎学コース 薩摩芋から育て焼酎手造り

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 受験シーズンまっただ中。最近では学生たちの将来の選択肢を広げるべく「手に職がつく大学」も増えている。そんな個性派大学のひとつとして、サツマイモから育てて焼酎を手造りしているのが、鹿児島大学の農学部・焼酎学コースだ。

「この焼酎は青臭い匂いがして水っぽい」
「こっちはふくよかな印象」

 こちらは、並んだグラスに注がれた焼酎の香りを嗅ぎ、口に含んで表現する利き酒の授業のひとコマ。農学部3年生から専攻できる焼酎学コースの学生たちだ。

 蒸したサツマイモの甘い香りが漂う建物内で、「焼酎製造学」や「醸造微生物学」「焼酎文化学」などの授業を通して焼酎や発酵食品について専門的に学ぶ。

 また実習の授業では、焼酎の製造工程をマスターするためにサツマイモを苗から育てることも。

「学生はすべての工程を手作業で行なって、1人1つの焼酎を仕込んで造ります」(吉﨑由美子助教)

 手触りや味、香りを直接確認して、体験しながら醸造の過程を学んでいく。

撮影■佐藤敏和

※週刊ポスト2015年2月20日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
キムチに欠かせない唐辛子 16世紀に日本から韓国に伝わった
薩摩焼酎や琉球泡盛 スコッチやコニャック同様原産地認定品
大学広報「最近は就職希望欄にフリーターと書く学生も多い」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP