ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

民放ドラマ フジ、日テレ、テレ朝の熾烈な3強争いの勝者は

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 今クールの民放連続ドラマは、3強の争いになりそうだ。初回視聴率では、杏主演のフジテレビの月9ドラマ『デート~恋とはどんなものかしら~』が14.8%で首位に立った。3年前、視聴率40%越えで話題になった『家政婦のミタ』のスタッフ制作で話題の『○○妻』(日本テレビ系)は初回14.4%とわずかに劣ったが、2話では15.2%と数字を上げてきている。テレビ朝日得意の医療ドラマ『DOCTORS3~最強の名医』は、3話連続で14%台を獲得し、安定した力を見せている(視聴率はビデオリサーチ社調べ、関東地区。以下同)。

 局別に見ると、TBSの不調が目立つ。かつて“ドラマのTBS”と呼ばれた面影はなく、期待作『流星ワゴン』は1話11.1%、2話11.7%と伸び悩み、全5作中3作が視聴率1ケタ台に甘んじている。テレビ局関係者が話す。

「ドラマは、その局全体の勢いを現すひとつのバロメーターです。たとえば、TBSの不調は、『あさチャン!』や『いっぷく!』という帯番組が低視聴率なのも影響している。いまや朝の情報番組は、ドラマ宣伝の役割も兼ね備えていますからね。特に初回の視聴率は宣伝量の影響が少なくない。宣伝量とは、“宣伝で出演した番組の視聴率の合計”とも言い換えられるでしょう」

『美しき罠~残花繚乱~』の主演である田中麗奈と若村麻由美は、初回放送日の1月8日、TBSの帯番組に出ずっぱりでドラマの宣伝に励んだが、視聴率は6%に終わった。

「この日の視聴率は、『あさチャン!』が3.4%、『いっぷく!』が2.7%といつも通り良くなかった。『ひるおび!』は6.2%(午後の部)と民放同時間帯2位でしたが、『Nスタ』は放送開始直後の16時前に登場。この時間帯は4%(第0部)。帯番組が弱いTBSの場合、他局と比べると、どうしても宣伝力が落ちてしまいます」

 一方、フジテレビは、全5作中4作が初回2ケタ発進と好調なスタートを切っている。

「局全体としては、不調が伝えられているだけに意外とも言えますが、実はフジの帯番組は今、絶好調なんです。『めざましテレビ』は相変わらず視聴率2ケタだし、『とくダネ!』も常時8~9%近く獲っている。『ノンストップ!』も好調で、この午前中3番組はいずれも同時間帯1位。となれば、TBSとはドラマの宣伝力が断然違ってくる。

 ゴールデン帯は不調ですが、『ネプリーグ』『SMAP×SMAP』『VS嵐』など、2ケタを計算できる知名度の高い番組がある。そこに番宣で出れば、効果は大きいですよ。しかも、それらの番組は女優がゲストに来ても、自然に進行できる作りになっているのが強みでしょう」

 番組出演による宣伝効果がフジテレビ以上に高いと言われているのが、日本テレビだ。

「日テレは、2014年の視聴率三冠王を取ったように、帯番組もゴールデン帯のバラエティも絶好調。前クールの『きょう会社は休みます。』、今クールの『○○妻』のようなヒットが生まれやすい環境が整っているわけです。

 また、日テレの場合、プライム帯の連ドラは1クール2本しかないので、視聴者から『また番宣か』と反発を招かない程度の出演に抑えられ、『女優や俳優をバラエティで見られるお得感』を保てる。わずか2本のドラマのために、局を挙げて応援できる体制を取りやすいですね。フジやTBSのように5本もあると、視聴者は番宣の連続に飽き飽きしてきますから」(同前)

 テレビ朝日も日本テレビ同様、今クールのプライム帯の新ドラマは2本だが、日テレほどの勢いはないのでは、と分析する。

「たしかにテレ朝は、帯番組、ゴールデン帯のバラエティともに視聴率は悪くない。ただ、日テレほど良いわけではない。『DOCTORS3』の好調に関していえば、昨年1位の全話平均視聴率を獲得した『ドクターX』と同じ時間帯で放送している点が大きい。『ドクターX』の視聴者を取り逃すまいという姿勢が功を奏しています」(同前)

 フジ、日テレ、テレ朝のドラマ3強はそれぞれの強みを活かして熾烈な争いを繰り広げているようだ。


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
フジTV 大晦日に数字不振のアイアンシェフで勝負の局内事情
フジTV社員「数字取れるのはサザエさんとスマスマ位」と消沈
ドラマ視聴率 月9も水10も日9も「10%超えがやっと」の現実

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP