ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、デザインを一新した5インチエントリーモデル「Xperia E4」を正式発表、テレビチューナー付モデルもあり

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile は 2 月 10 日 2015 年最初の新型 Xperia スマートフォンとなる「Xperia E4」を正式に発表しました。Xperia E4 は今月下旬より海外で発売されます。Xperia E4 は昨年秋に発売された「Xperia E3」の後継にあたるエントリーレベルの Android スマートフォン。前作よりもディスプレイが拡大したので本体の大きさも拡大しています。スペックはさほど変わらずと言った内容です(解像度、ROM 容量、フロントカメラの画素数は強化されています)。スペックはあまり変わっていませんが、筐体デザインは Xperia Z3 を彷彿させるラウンド形状のフレームデザインを採用するなどかなり変更されています。OS は Android 4.4.4(KitKat)です。Xperia E4 の基本スペックは、5.0インチ 960 × 540ピクセルの IPS 液晶ディスプレイ、MediaTek MT6582 1.3GHz クアッドコアプロセッサ、1GB RAM、8GB ROM(Micro SD 最大 32GB)、背面に 500 万画素(フル HD 撮影対応)、前面に 200 万画素カメラ、2,300mAh バッテリーを搭載し、Wi-Fi b/g/n、Bluetooth v4.1、DLNA、Miracast などに対応しています。筐体サイズは 137 x 74.6 x 10.5 mm、質量は144g / 146g です。Xperia E4 には北米向け 3G モデル「E2104」、欧州・アジア向け 3G モデル「E2105」、北米向けデュアル SIM モデル「E2114」、欧州・アジア向けデュアル SIM モデル「E2115」、おそらくブラジル向けテレビチューナー付モデル「E2124」の計 5 モデルあります。いずれも、ブラックとホワイトの 2 色展開です。3G の対応周波数は、北米とブラジルモデルが 850 / 1900 / 2100MHz、欧州・アジア向けが 900 / 2100MHz。デュアル SIM モデルがあると言っても WCDMA + GSM または GSM + GSM の組み合わせしか同時に有効になりません。Source : Sony Mobile


(juggly.cn)記事関連リンク
XposedフレームワークがついにAndroid 5.0(Lollipop)に対応、近いうちにリリースされる見込み
ASUS Zenfone ZoomのカメラレンズはHOYAのグループ企業が製造、単一のカメラモジュールで光学3倍ズームを実現
Galaxy S 6のスペック情報が流出? 5.1インチWQHDディスプレイやExynos 7420、2,000万画素カメラを搭載

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP