ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京から看板が消える…東京のあらゆる看板を排除した光景に何を思う?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本の繁華街を歩いていて目に飛び込んでくるものってなんでしょう?日本人の私たちからしたら当たり前の光景になりすぎているもの。そう、ビルの壁や道端に所狭しと飾られている広告、看板がありますよね。

海外の人が東京に来て驚くのはネオン街の看板の多さということも聞かれるように、看板は日本・東京の街を彩る代表的なマテリアルと言えるでしょう。

フランスのデザイナーであるNicolas Damiensさんが製作した作品はなんと東京の繁華街にある看板からあらゆる文字を排除した光景。広告に文字があるのとないのとでは世界観がまるで変わってきます。

私は文字がないことで東京の街が何か無機質な世界へと変わってしまったかのような印象を受けました。たとえただの看板であったとしても文字があることでそこには人間味が宿るのではないか?なんて。

この作品を見てあなたはどのような感情を抱きましたか?

tokyo_no_ad_2

Tokyo_no_ad_06
no_ad_04

04_zoom1

tokyo_no_ads_03

tokyo_no_ad

Tokyo_no_ads_07

Tokyo No Ads | nicolasdamiens

関連記事リンク(外部サイト)

日本の魅力ったらない!日本の街並みを多重露光で撮影したドイツ写真家の作品に何を感じるだろうか?
[動画]これはなんとも不思議映像。東京の街を時間を逆戻り歩く男
まるでSFゲームの世界!ネオ東京の夜景をシンメトリックに切り取ったアート写真がすごい!

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
Japaaanマガジンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。