ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Lillies and Remains×minus(-)、代官山UNITでのツアーファイナルが大盛況

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Lillies and Remainsのアルバム「Romanticism」リリース・ツアーが、2月7日の東京・代官山UNITでファイナルを迎えた。このツアーでは、すべての会場にアルバムのプロデュースを手がけた藤井麻輝、そして森岡賢によるユニットminus(-)が参加。ニューウェーブという同じ血が流れるもの同士が鳴らす、素晴らしいライヴとなった。

先攻のminus(-)は10月にリリースしたミニ・アルバム「D」収録以外の曲も披露。彼らが次のステージにもう向かいつつあることを感じさせた。

そしてLillies and Remainsは、今までとは別のバンドに変貌していた。繊細さを抱えながらも、サウンドの芯は太くなり、圧倒的な存在感を放っている。藤井という存在を得て、自分たちのやっていることに、より強く自信が持てたのだろう。

ラストはLillies and Remainsのアンコールに藤井と森岡が登場。Pete Sherry「Telephone Oparator」とDepeche Mode「Never Let Me Down again」の2曲をカヴァー。藤井はギターを持ってのステージ。このツアーが非常に有意義だったことがわかる、いい光景だった。

関連リンク

Lillies and Remains オフィシャルサイトhttp://www.lilliesandremains.net

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP