ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

寝る直前まで携帯使用、白っぽいものが好物などデブ招く習慣

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「太っている人には共通する生活習慣がいくつもあるんです」と言うのはダイエットサロン「桜梅桃李」を主宰するダイエットコーチのEICOさん。

 7年間で700人以上をヤセさせ、自身も1年間で約20kgのダイエットに成功した彼女は、太っている人に共通する生活習慣を「おデブ習慣」と名づけた。

「太りやすい食の好み、太りやすい『ものの考え方』など、おデブ習慣にはいろいろな種類があります。その習慣をやめて改善すればヤセられます」(EICOさん)

 普段の生活で該当するものがないか早速チェックしよう。

【1】外出時の荷物が多い

 おデブは、かばんなどの荷物も“おデブ”。

「何が必要で何が不必要かをわかっていない。整理整頓能力がないんです。ヤセるかたは自然と荷物が減っていきます」(EICOさん)

 また荷物が多いと運動不足になりがちという。

「荷物をたくさん持っていると、歩きたくなくなりますし、電車の中でもすぐに座りたくなるので結果的に体を動かさなくなります」(EICOさん)

【2】コーヒーをがぶ飲みする

 コーヒーを水のようにがぶがぶ飲む人は要注意。

「コーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があります。体外に水分を出すと、その分の水分を体が欲しがります。水分不足になると空腹を感じやすくなり、食べすぎてしまうんです。カフェインが含まれる紅茶や緑茶も同様です」(EICOさん)

【3】白っぽい色の飲食物が好物

 バニラアイス、クリームパスタ、マヨネーズといった白っぽい色の飲食物には高カロリーなものが多い。

「意識して口にするのを控えましょう。どうしても欲しかったら工夫する。例えば、カフェオレの牛乳を無脂肪にすれば、脂肪分がカットできます」(EICOさん)

【4】寝る直前まで携帯電話を見ている

 携帯電話など強い光を発するものを寝る直前に見ると、自律神経が乱れて、睡眠不足になる。

「脳が糖分を欲しがるから、甘いものを食べてしまいます。良質な睡眠はヤセ体質への第一歩です」(EICOさん)

※女性セブン2015年2月19日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
元準ミス日本EICO 20kgダイエット後、お金ためられるように
ダイエットNG習慣 二度寝、オシャレ無頓着、同じ靴履き続け
食品表示の「ナトリウム量」は塩分量ではない 計算式紹介

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP