ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ベックの受賞にエピック社長が動揺……カニエにトロフィー奪取を命令?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ベックのアルバム『モーニング・フェイズ』が【第57回グラミー賞】で最優秀アルバム賞を受賞したことを受け、エピック・レコード社長のシルヴィア・ローンがカニエ・ウェストに対し、無邪気な博学者のような顔のベックからトロフィーを“取り上げなさい”とツイッターで要求していたことが明らかになった。もちろん冗談だ。

 ビヨンセの非常に素晴らしいセルフタイトル・アルバム『ビヨンセ』に期待していたローンは、ベックの受賞に動揺を隠せなかったようだ。しかし、これは正々堂々の公平な結果であり、誰もがそう思っているだろう。

 ローンはカニエ・ウェストと驚きを分かち合ったのだ。もちろん、そのカニエ・ウェストもプレゼンターを務めたプリンスと喜びのハグをしたかったのであろう。

 なお、ローンによるこのツイートはその後削除されたものの、スクリーンショットが残っており米ビルボード・サイトのページ(http://bit.ly/193Wf5o)でも確認できる。

関連記事リンク(外部サイト)

ナタリー・プラス 米国ナッシュビルの女性SSWが日本盤デビュー MVも公開中
【第57回グラミー賞】エミネム、6度目となる「最優秀ラップ・アルバム」受賞
【第57回グラミー賞】ジョニー・ウィンター、遺作で初の栄冠

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP