ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

慌しい日常から解き放たれる時間をもとう!自分を見つめ直すシンプルな“瞑想”アプリ 

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現代に生きる私たちは、常にインターネットにつながっている。スマートフォンを肌身離さず持っていたり、ネット環境がないと不安になったり。ネットにアクセスするとすぐに答えが返ってくる……時間の早さばかりに注目がいき、今現在の自分自身には、なかなか目が行き届いていないかもしれない。

瞑想で自分を見つめ直すアプリ

そんなあくせくした毎日に、ちょっと疲れてしまったなら、「Stop, Breathe & Think」はいかがだろう。自分自身にもっと注意を払い、自分の内部(考えていること、感情、身体反応)と、外部(返す反応、環境)を見つめ直すサポートをするアプリだ。その際、よい、悪いの判断をせずに、オープンマインドで心を開いた状態にするのが重要になるという。

初心者から経験者まで幅広く

ユーザーはアプリをダウンロードしたら、いろいろな種類の瞑想のリストから選択することができる。1日の始まりに適したもの、散歩しながらおこなうもの、夜寝るときに精神を落ち着けるものなど、内容はさまざま。初心者から経験者まで幅広く利用できる。

現状に合わせて、おすすめの瞑想を教える機能も

オプションの中に、“check in with yourself”という項目がある。ユーザーはまず、スクリーンから離れて、深呼吸をしながら約10秒間、今自分がどう感じているのか見つめてみる。落ち着いたらスクリーンに戻り、ユーザーの現在の身体、精神の状況に関するいくつかの質問に答えていく。すると、アプリが現在のユーザーに最も適した瞑想をピックアップしておすすめしてくれる。

これまでの履歴を閲覧可能

アプリ内で追加の瞑想を購入することもできるので、より瞑想を深めていきたいユーザーは、新たなセッションを進めていくことも可能だ。また、日々の瞑想経過を追跡することができ、週間レポートやトータルの瞑想時間、感情の結果などを後から閲覧することもできる。

知識がない人にとってはなかなか縁遠い存在である瞑想という行為も、手元のスマートフォンを教科書代わりにして、必要なときにいつでもおこなえるようになり、日常生活の中で無理なく続けられることは大きな魅力だろう。

自分が今、何を感じているのか。何を考えているのか。身体はどんな状態なのか。1日5分、目を閉じて、自分自身に尋ねる時間をもつことで、もっと心に余裕をもって日々過ごすことができるようになるかもしれない。

Stop, Breathe & Think

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP