ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nao Yoshiokaが新作ALを4/8リリース ビヨンセら作品で活躍する世界基準のミュージシャンが多数参加した意欲作

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 NYのソウルの殿堂、アポロシアターで行われるアマチュア・ナイトで準優勝した異色のキャリアも話題のソウル・シンガー、Nao Yoshiokaのメジャー・デビューアルバム『Rising』がリリースされることが明らかになった。

 Nao Yoshiokaは、2009年から約2年半ニューヨークに滞在。前述のアポロシアターでの活躍に加え、アメリカ最大規模のゴスペル・フェスティバルにて、4万人の応募者の中からファイナリストに選出された経験も持つ実力派シンガー。

 2013年の前作『The Light』でのデビューから約1年半を経てリリースされる新作『Rising』は、前作同様<SWEET SOUL RECORDS>が中心となって制作。<YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS>からリリースされる。

 “世界標準”にこだわり、アメリカ、オランダ、日本で制作が進められたという本作には、ホイットニー・ヒューストンやビヨンセへの楽曲提供でも知られるグラミー賞受賞アーティスト、Gordon Chambersや、プリンスの専属トランぺッター、Phil Lassiterなど世界のトップ・アーティスト/プレイヤーが多数参加。世界を視野に入れた活動をしているNao Yoshiokaならではの作品が期待できそうだ。リリース日は4月8日(水)となる。

◎リリース情報
『Rising』
2015/04/08 RELEASE
YAMAHA MUSIC COMMUNICATIONS
YCCW-10259 2,700円(tax out.)

<トラックリスト>
01. Love Is the Answer
02. Just Go
03. LIVE
04. Joy
05. I’m No Angel
06. Rock Steady
07. Turning
08. Never Had Love Like This
09. Nobody
10. Awake
11. Dreams
12. I Need You
13. Forget about It

◎Nao Yoshioka『Rising』特設サイト
http://2015.naoyoshioka.com/

関連記事リンク(外部サイト)

【第57回グラミー賞】サム・スミスが主要4部門で3つを制覇
ナタリー・プラス 米国ナッシュビルの女性SSWが日本盤デビュー MVも公開中
倖田來未 自身の背中押してきた名曲「walk」を引き継ぐ「WALK OF MY LIFE」 J-WAVE『GROOVE LINE Z』で本日解禁

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP