ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXILE、シングル「情熱の花」MVは初のフラメンコ調で情熱的な世界観に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3月4日に発売となるEXILEニュー・シングル「情熱の花」のミュージックビデオが公開された。

今作は、EXILEにとってシングルとしては実に3年3か月ぶりのラブ・ソングとなり、抑え切れずに溢れ出す情熱を、咲き乱れる花という言葉で表現しながら、深く熱い情愛を初のフラメンコ調の曲に乗せて表現した、EXILEの真骨頂とも言える色気たっぷりの大人バラード曲。

メインボーカルのATSUSHIは「EXILEの代表曲に「Ti Amo」という楽曲があり、その曲は女性目線での禁断の恋を歌っているのですが、その曲からヒントを得て、新しいEXILEの個性や色気を表現するために、男性目線からの禁断の恋を新たに作ってみました。この楽曲の持つそういった大人の魅力を感じて頂けたらと思います」と語る。

そんな「情熱の花」の気になるミュージックビデオの内容は、愛おしさ、切なさ、やるせなさ、それらが全て情熱で熱くなる…、そういった感情をEXILEの持ついくつもの個性で表現した作品。

「今回の楽曲は大人の情愛を歌った曲なので、ミュージックビデオでは、情熱的な愛をメンバーが様々なシチュエーションで表現いたしました。一つ一つの映像に込められた“感情”の部分に注目して楽しんでいただけたらと思います」

もう一人のボーカルTAKAHIROがそう語る通り、作中では情緒溢れるボーカルリップはもちろん、愛しい女性との意味深なやりとり、男女の三角関係、愛する女性を想い一人舞うソロダンス、情熱をぶつけ合うツーショットダンス、そして“情熱の赤”の衣装を身に纏ったメンバー18人が花びらのステージで抑えきれない感情を爆発させるパフォーマンスなど、様々なシーンでメンバーの個性が光っている。また、EXILEの作り出す艶やかな世界観を、岩田剛典や白濱亜嵐を始めとした新メンバー達がどのように表現するのか、その辺りも見どころだ。

また、シングル発売日である3月4日には、昨年一年を通して日本中を熱狂させたEXILE TRIBE「EXILE TRIBE PERFECT YEAR LIVE TOUR TOWER OF WISH 2014 ~THE REVOLUTION~」LIVE DVD&Blu-rayの発売も決定。EXILE一族史上最大の祭りと題するに相応しい超豪華メンバーが集結した、4時間を超える壮大なライブ・ステージ。さらに、今回発売されるLIVE DVD&Blu-rayには、このライブ・ステージを作り上げるまでの裏側を描いたドキュメンタリーを収録。そして、超豪華盤には、2014年6月に埼玉スーパーアリーナにて10日間連続で開催された「EXILE TRIBE PERFECT YEAR 2014 “THE SURVIVAL” IN SAITAMA SUPER ARENA 10 DAYS」のライブ映像も特別に収録。

また、EXILEは、3月25日に3年振りのオリジナル・アルバム「19 -Road to AMAZING WORLD-」もリリースする。

EXILE HIROがパフォーマーとして参加した2012~13年の作品から、HIROがパフォーマーから勇退し、新たに5人のメンバーを加えて始動した第四章・新生EXILEの作品までを網羅したニューアルバム「19 -Road to AMAZING WORLD-」は、まさにEXILEの歴史の”架け橋”とも言える。シングル全7作品、全曲MV収録という濃密なこのアルバムは、プロデューサーHIROも含めた新生EXILEを構成する19名を表す”19”をメインタイトルに、2015年秋からスタートするEXILEライブツアーAMAZING WORLDへと向かうという想いをサブタイトルに表現。ティザー動画も昨年末に公開され、ファンはニューアルバムのリリースを今か今かと待ちわびていることだろう。気になる商品内容の詳細は、オフィシャルサイトにて順次発表されていくとのこと。

また、2015年秋からはライブツアー「AMAZING WORLD」の開催も決定している。

EXILE「情熱の花」ミュージックビデオ

リリース情報
シングル「情熱の花」
2015年3月4日(水)発売

(CD+DVD)RZCD-59797/B 1,500円+税

(CD)RZCD-59798 800円+税

関連リンク

EXILE Official Sitehttp://exile.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP