ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

大阪・ミナミのなんばウォーク 甘~いお菓子の「縁結び神社」出現!

DATE:
  • ガジェット通信を≫


大阪・ミナミにある地下街、なんばウォークに、2月14日のバレンタインデーに合わせ、お菓子の家ならぬ、お菓子で作られた「縁結び神社」が出現する。チョコレートなどで作られた見た目もかわいいこの神社、2月9日から14日までの限定で、なんばウォーク内クジラパークで展示されている。
今回、この縁結び神社を制作したのは、“パティシエ”を目指す大阪調理製菓専門学校の学生たち約40名。チョコレートやクッキー、ビスケット、マカロン、パン細工、あめ細工などお菓子素材をふんだんに使い、現地で3日間かけてすべて手作業で飾り付けた。
完成した鳥居は高さ2.4m×幅2.8m、神社は高さ1.8m×幅3.0m×奥行き2.1mある。しかもデザインは、京都・伏見稲荷大社の協力という本格仕様。もちろんお参りも可能だ。
ほかにも、なんばウォークでは、バレンタインに合わせたイベントが盛りだくさん。たとえば、2月11日からは、お菓子の神社に恋愛成就を祈願する「なんばワン絵馬」(先着600枚/日)、恋の行方を占う「なんばワン恋みくじ」(先着2,000枚/日)は、いずれも参加無料。学生が“愛”を込めて製作するチョコクッキーも進呈する(500円以上のレシート提示で先着500名/日)。なお、なんばワン絵馬は14日のバレンタインデー後、伏見稲荷大社に奉納される。

さらに、伏見稲荷大社がある地元を舞台にした、よしだもろへさんが手がける人気マンガ『いなり、こんこん、恋いろは。』ともコラボレーション。なんばウォーク5ヶ所に、主人公の伏見いなりらのパネルが登場し、キーワードをすべて集めると、「いなりちゃん」となんばウォークのキャラクター「なんばワン」がコラボしたスペシャル缶バッジがプレゼントされる(先着50名/日)


なんばウォークhttp://walk.osaka-chikagai.jp/

【Nicheee!編集部のイチオシ】
チェコで行列ができる人気の菓子パン「トゥルドロ」
【EU旅レポ】知ってた?「ベルギーワッフル」には2種類ある
バレンタインデーに、とっておきのラブストーリーを

カテゴリー : エンタメ タグ :
Nicheee!(ニッチー!)の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP