ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アプガ、EDM色を強化した「サードアルバム(仮)」3/17発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アップアップガールズ(仮)が、3月17日に約1年振りとなるニューアルバム「サードアルバム(仮)」をリリースすることが決定した。

今作には、2013年12月に発売された「虹色モザイク/ENJOY!!ENJO(Y)!!」、前作アルバム「セカンドアルバム(仮)」以降発売されたシングル「(仮)は返すぜ☆be your soul」から昨年11月にBase Ball Bearの小出祐介プロデュースで発売され、オリコンウィークリーチャート7位を獲得した「Beautiful Dreamer」までのシングル曲を網羅している。

新たにアルバム用に4曲の新曲と「Srarry Night(y0c1eRemix)」を収録。90年代のパンクシーンを彷彿とさせるハイスピードのドラムに青春色溢れる歌詞が乗った「キラキラミライ」、跳ねるようなリズムが印象的な「Up&Up!」は、これまでのパワー重視とは異なる、爽やかさを強調したEDMサウンド。煌びやかなシンセリフと瑞々しいメロディがライブの一服の清涼剤となるだろう。

そして、もはやアプガの代名詞とも言えるmichitomo サウンドを更に攻撃的に進化させる事により究極の攻撃的Hardstyleの「美女の野獣」が完成、「Starry Night」を手掛けたKiyoshi Sugoによるエレクトロハウスの「Runway」など、これまでよりも一層激しさを増したダンスアルバムとなっている。

更に、初回限定盤のDVDには、昨年末に行われた「アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2014 ハイスパートキングダム~ダイアモンドホール決戦~」のライブ模様を完全収録。

同公演はDVD発売用の為の収録をしておらず、ソフト化は難しいと考えられていたが、止まない“映像化”を望む声を受け、記録用に残した素材をつなぎ合わせ、急遽オフィシャルブートレグ盤として収録されることが決定。前日に大阪2公演を行い、満身創痍の中行った名古屋公演の模様を2時間ノンストップで提供する。

リリース情報
アルバム「サードアルバム(仮)」
2015年3月17日(火)発売

通常盤(CD)TPRC-0129 3,000円+税

初回限定盤(CD+DVD)TPRC-0130 4,500円+税

収録曲
1. Beatiful Dreamer 作詞作曲:小出祐介/編曲:PandaBoY
2. キラキラミライ 作詞:NOBE/作編曲:michitomo
3. Up&Up! 作詞:板倉孝徳 作曲・編曲:Genki
4. ENJOY!!ENJO(Y)!! 作詞:NOBE/作編曲:michitomo
5. 虹色モザイク 作詞作曲編曲:PandaBoY
6. 全力!Pump Up!! 作詞作曲編曲:michitomo
7. イタダキを目指せ! 作詞:オノダヒロユキ/作編曲:y0c1e
8.(仮)は返すぜ☆be your soul 作詞:大森靖子 作編曲:michitomo
9. 美女の野獣 作詞作曲編曲:michitomo
10. ジャンパー! 作詞作曲編曲:PandaBoY
11. Runway 作詞作曲編曲:Kiyoshi Sugo
12. このメロディを君と 作詞作曲編曲:fu_mou
13. Party!Party! 作詞作曲編曲:fu_mou
14. 全力!Pump Up!!-ULTRA Mix- 作詞作曲編曲:michitomo
15. Starry Night(y0c1e Remix)

初回限定盤DVD内容:
アップアップガールズ(仮)ライブハウスツアー2014 ハイスパートキングダム
~名古屋ダイアモンドホール決戦~
オフィシャルブートレグ盤DVD
※記録用に撮影、録音した素材を元に作成しており一部映像、音声の乱れがございます。
最終公演をメインに使用しておりますが一部別の公演の映像が入ります。予めご了承ください。

関連リンク

T-Palette Recordshttp://tower.jp/label/t-paletterecords
アップアップガールズ(仮)オフィシャルサイトhttp://upupgirlskakkokari.com/
アップアップガールズ(仮)オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/upfront-girls/
アップアップガールズ(仮)YouTubeチャンネルhttp://www.youtube.com/user/upupgirlsofficial

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。