ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

刺繍は全て手仕事!約6年かかった『乙嫁語り』アミル衣装ついに完成

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 1月に紹介した、約6年作り続けられている『乙嫁語り』(森薫)のアミル(第一の乙嫁)の衣装が、このほど完成したそうです!

【関連:ファンの執念が作り上げた『乙嫁語り』アミル衣装がすごすぎる】


 前回記事をお読みになっていない方のために、ざっくり内容を説明すると、大の森薫ファンであり大大大の『乙嫁語り』ファンである、コスプレイヤーの祭さん(@maturiiiiin)という方が、どーーーーしても作品と同じアミル衣装を作りたくなってしまい、作品同様に衣装の刺繍と装飾は全て手仕事で施し、似た色の糸・布・皮がなければ自分で染め、さらには作品に近いブーツが見つからないからと、モンゴルまで買いに行っちゃった!という執念の1着をご紹介しました。

 制作年数は約6年。内約3年ほどは中断した時期もあったそうですが、実質制作期間だけでも3年はかかっているという衣装です。
前回は、本体衣装部分(コートや中のシャツ)はほぼほぼ完成しており、あとは帽子の刺繍や小物類の制作が残っているだけという状況。そして、2月8日開催の『ワンダーフェスティバル2015 冬』(以下、ワンフェス)での初披露を目標にしている!というところまでを紹介していたのです。

 それが無事、2月8日開催のワンフェスで初披露されました。
前回紹介した記事は反響に反響をあつめ、「実物を見たい」「どこかで展示するべき」といったコメントが多くよせられていましたが、この衣装はあくまで個人の方が“趣味の範囲で作っているもの”。
そのため、どうしても実物を見たくなった読者の方が、何人も祭さんに会いに行ってくれたそうです。祭さんからも「記事見たよ!とたくさんの方に言って頂きました~」という嬉しい報告をいただきました。

 実は今回掲載している祭さんの写真も、編集部で撮影したものではありません。編集部に「見に行ったよ!」報告をしてくださった方のものです。
実は……、この写真の撮影者……なんと!全日本ロードレース選手権に今年も出場が決定している、大久保光選手(@hikari_No78)なのです!

 大久保選手はその界隈でちょっと知られた「オタレーサー」。昨年には、マンガ『ああっ女神さまっ』の大ファンだったことから、作者本人に大久保選手が直にお願いをして、日本グランプリ及びMFJグランプリに『ああっ女神さまっ』痛バイクで出場しています。
今年のレースは、参戦クラスを変えてST600クラスにフル参戦することが決定しているそうです。大久保選手は「初年度からチャンピオン目指します!」と意気込んでいます。なお、近日中には今後の展開について重要発表もあるそうなので、ますます目が離せない選手の一人になりそうですね。

 その大久保選手も前回記事をたまたま見かけて、祭さんにワンフェスで会えることを楽しみにしていたそうです。なお、今回の写真は他の方同様、列に並んで撮影されています。

 さて、今後についてですが、祭さんはこのアミル衣装で一区切りをつけ……ず、なんとアミルの愛馬スルキークの馬装具の制作に取りかかるそうです!!制作期間は約半月。半年ではありません、半月です。馬装具にも刺繍を施すそうですが、2月末に馬との撮影を予定しているとかで、とりあえずざっくり仕上げるそうです。とはいえ「正直タイトスケジュールです」と苦笑いしていました。

 そして撮影者の大久保選手についてですが、今回撮影をお願いしたとき、祭さんが撮影した人達に対し、“ちょっとしたお菓子”を配っていたそうです。それがとても嬉しかったとのことで「とても嬉しい気持ちになりました。私も大会のときにやってみようかなぁと思います。」と仰ってます。
祭さんが配っていたのはバレンタイン近いということで「アミルの好きなザクロの飴とお茶」。全員には配布できなかったそうですが、大久保選手はその貴重な1個を幸運にも手に入れることができたみたいですね。
今年レースに足を運ばれる方は楽しみにしているといいかもしれません。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP