ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

玉置浩二、長年の夢が実現! 初のフルオーケストラによるシンフォニック・コンサート開催!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

玉置浩二が2月8日、横須賀芸術劇場で自身初となるフルオーケストラによるコンサート『billboard classics「玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート」』を開催し、1900人の観衆の前で名曲の数々を荘厳なオーケストラ・アレンジで初披露した。

公演初日となるこの日は、大友直人の指揮による東京フィルハーモニー交響楽団の演奏と共に、1部を安全地帯、2部をソロ楽曲からなる2部構成のプログラムで、玉置自ら選りすぐったというそれぞれの時代の代表曲17曲を演奏した。

「田園」などヒット曲のメロディーをフィーチャーした「序曲」で幕を開け、人一倍大きな拍手の中迎えられた玉置。冒頭のMCで若干緊張気味に挨拶すると「皆さんの心が安らいでおおらかな気持ちになれるように最愛の気持ちを持って歌いたいと思います」と語り、「悲しみにさようなら」「恋の予感」「ワインレッドの心」など安全地帯の大ヒット曲をフルオーケストラの美しいアレンジと共に、ややテンポを押さえつつ歌詞を一つ一つ噛みしめるように聴かせた。

休憩後の後半、ソロ曲のパートでは「あこがれ」「ロマン」「サーチライト」など益々熱のこもる玉置の歌声に、クラシック仕様のコンサートということで抑え気味だった観客も思わずスタンディングオべーションで応え、アンコールの「田園」ではイントロと共に手拍子が起きるほどの熱狂状態に。そして、玉置がマイクをオフにしアカペラで歌い出す「夏の終わりのハーモニー」の力強い歌声と約60名のオーケストラが互角にぶつかり合う緊張感あふれる掛け合いでラストを迎えたコンサートは、数分間も続く割れんばかりの拍手で幕を閉じた。

公演前に玉置自身が「音楽の宿命的出会い」と、長年の夢が実現することについて語っていたオーケストラとの共演。このプレミアムなコンサートは今回の横須賀公演を皮切りに、名古屋、兵庫、大阪、東京、福岡、札幌で追加公演を含め全11公演を開催する。

photo by 新井秀幸(日本写真家協会会員)

billboard classics「玉置浩二 プレミアム・シンフォニック・コンサート 2015」
【名古屋公演】
2月15日(日) 愛知県芸術劇場大ホール
大友直人指揮セントラル愛知交響楽団
17:00開演
(問)サンデーフォークプロモーション 052-320-9100
http://www.sundayfolk.com

【西宮公演】
2月27日(金) 兵庫県立芸術文化センター
栁澤寿男指揮ビルボードクラシックスオーケストラ
19:00開演
(問)キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00~18:00)
http://www.kyodo-osaka.co.jp

【大阪公演】
3月08日(日) フェスティバルホール
栁澤寿男指揮 ビルボードクラシックスオーケストラ
17:00開演
(問)キョードーインフォメーション 06-7732-8888(10:00~18:00)
http://www.kyodo-osaka.co.jp

【東京公演】
3月11日(水)・12日(木) 東京文化会館大ホール
栁澤寿男指揮 東京フィルハーモニー交響楽団
19:00開演
(問)キョードー東京 0570-550-799(平日11:00~18:00)
http://www.kyodotokyo.com

【福岡公演】
3月26日(木) 福岡シンフォニーホール
山下一史指揮 九州交響楽団
19:00開演
(問)キョードー西日本 092-714-0159(平日10:00~19:00/土10:00~17:00)
http://www.kyodo-west.co.jp

【札幌公演】
4月30日(木) ニトリ文化ホール
山下一史指揮 札幌交響楽団
19:00開演
(問) 道新プレイガイド 011-241-3871(9:30~18:00年末年始除く)
http://doshin-playguide.jp/

【追加公演】
5月29日(金)・30日(土) 東京:東京文化会館大ホール 
6月08日(月) 東京:サントリーホール 
※詳細後日発表

■チケット料金
SS席10,800円 S席9,800円(全席指定・税込)
各プレイガイドにて発売中

(OKMusic)記事関連リンク
元記事を読む
billboard classics 公式サイト
スポーツの秋! 野球を観ながら聴きたい名曲5選

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP